「人口の半分が死ぬ」「世界は終焉」地球温暖化対策を著名専門家が批判! 一体なぜ…

「人口の半分が死ぬ」「世界は終焉」地球温暖化対策を著名専門家が批判! 一体なぜ…の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 米国では現在、地球温暖化対策として「グリーン・ニューディール」政策が注目を集めている。再生可能エネルギーなどに投資し、産業の脱化石燃料を推し進め、温室効果ガスの排出を10年以内にゼロにするといった環境への配慮を強調した内容で、民主党の史上最年少女性議員アレクサンドリア・オカシオ=コルテス(AOC)氏などを旗振り役に、リベラル派を中心に活発な議論が行われている。しかし、これまでに発表された政策内容は漠然としており、非現実的だといった批判も強い。野党・民主党が上院に提出した決議案はこの3月に否決されたものの、今後も大きな争点の一つとなるだろうと見られている。

 そんな中、カナダの有名な環境コンサルタントのパトリック・ムーア氏は、米「Fox News」に出演し、グリーン・ニューディールで「人口の半分が死ぬ」「文明は終焉する」などと衝撃的な批判を繰り広げている。ムーア氏は世界的に有名な環境保護団体「グリーンピース」でかつてはカナダ事務局長を務めていた人物であるが、科学的事実に対する考え方の相違や意見の対立などにより、同団体と袂を分かったことで知られている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ