【ガチ】2050年までに地球滅亡へ! 人類絶滅のプロセス完全判明、たった3℃の気温上昇で終わるほど脆い人類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

,

,

,

画像は「Express」より引用

 

 2050年に人類が滅亡するという恐ろしいレポートが発表された。

 科学ニュース「Science Alert」(6月5日付)によると、今年5月に元オーストラリア国防省のチーフアドミラルであるクリス・バリー氏の署名付きで、今後20年の気候変動による世界規模の危機をまとめた「Existential climate-related security risk: A scenario approach」が公開されたという。

 同レポートでは、2050年までに地球の平均気温が3℃上昇し、文明が崩壊するという恐ろしいシナリオが指摘されている。最悪のシナリオでは、35%の陸地、55%の人口が、人類が生存不可能なほどの灼熱に年間20日以上晒されるようになる上、サンゴ礁、アマゾンの熱帯雨林、北極大陸といった生態系が崩壊。それにより、北米では山火事、熱波、干ばつに苦しむようになる。アジアでは巨大河川の水量が激減し、2億人が影響を受け、メキシコや中米では降雨量が半減し、農業が不可能になるだけでなく、半恒常的なエルニーニョ現象が発生し、致死的な熱波が年間100日以上続くことで100億人が土地を追われるとのことだ。

画像は「Science Alert」より引用

 

 衝撃的な内容だが、同レポートの筆者らは、穏健な気候変動モデルではなく、最も過酷なモデルに従うべきだと主張している。一般的に予測モデルは最も確率の高い中間が採用されるものだが、それによって最悪のシナリオが無視されることは避けなければならないとのことだ。準備がままならないまま最悪のシナリオが実現してしまっては、危機に対応できないからだ。

 とはいえ、やはり彼らが提示しているモデルは実現可能性の極めて低いありもしない擬似的な状況なのではないだろうか? 恐ろしいことに、最悪のシナリオが実現する可能性は意外と高いという。多くのモデルでは、永久凍土の氷解、南極西部の氷山の喪失による温室効果ガスの排出といった要素を考慮に入れていないため、“保守的なモデル”になってしまっているというのだ。

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年6月7日 21:31 | 返信

「Newsweek」の記事と解釈の違いがありすぎる。

7:匿名 2019年6月7日 06:25 | 返信

ハイハイ!滅びるといーですねぇ!まぁ滅びはしないけどね!

6:匿名 2019年6月6日 22:15 | 返信

100億人が土地を追われるのか、そりゃ大変だ

5:匿名 2019年6月6日 21:28 | 返信

>> 1

あっ!初見さんですね。ご苦労様です。
古参の方々はみんな知ってますが、トカナにおいて「滅ぶ滅ぶ」と騒ぎ立てるのはお祭りみたいなもので、お祭りにおいて「ワッショイワッショイ」└(゚∀゚└) (┘゚∀゚)┘と掛け声をかけておみこしを担ぐことと同じなのです。
(半分以上はトカナをバカにしている)

4:匿名 2019年6月6日 20:02 | 返信

>> 1

TOCANA初心者さんお疲れ様。

3:匿名 2019年6月6日 17:37 | 返信

人類の歴史は700万年程度ではなく、500憶年以上か下手するともっとともいわれている。(気が遠くなりそうだ)
というのも、我々の使っている歴史の教科書は戦後GHQにより無数の改竄を受けているとも言われているし、神社仏閣から回収した古文書の類いは戦後アメリカ軍によってそのほとんどが燃やされてしまったからだ。
その後奇跡的に難を逃れた古文書により『本当の歴史』が明るみになるなどテレビ新聞が決して報じない(テレビはアメリカ側による洗脳装置)、オカルトめいた世界がそこには広がっている!
私もまだまだ勉強が足りないのですが、人類はすでに『何度も』滅んでいる説があります。それでノアの箱船的な出来事があり、ごく少数のみが生き残り繁殖して子孫を増やす。
我々はそうした人たちの生き残りだ。
それで昨今なんやら言われているのは『今まさにまたその時期が到来してる』説があるからオカルト界隈の方々がワーワー言ってるんだよね?

2:匿名 2019年6月6日 17:04 | 返信

体温だと思えば。
3度も上がれば大変です。

1:匿名 2019年6月6日 10:42 | 返信

こんな悪い予言は当たって欲しくないです!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。