【衝撃】ミツバチの超絶賢い数学的能力が次々判明! 計算、ゼロの概念、シンボル試験も合格… AIの学習能力に応用へ!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 人間以外に、簡単な計算や数学的なシンボルを理解できると確認されている生物は数少ない。これまでにチンパンジーやハトなどがそのテストに合格しているのだが、意外な生物がその列に加わった。ミツバチである。

【衝撃】ミツバチの超絶賢い数学的能力が次々判明! 計算、ゼロの概念、シンボル試験も合格… AIの学習能力に応用へ!(最新研究)の画像1
画像は「Science Alert」より引用

■驚くべきミツバチの能力

 ミツバチは昆虫の中でも特に高い知能を持つといわれる。複雑なダンスで仲間とコミュニケーションを取り、花の場所などを教えることができるのだ。また数学的な才能も持ち合わせており、これまでの研究では「ゼロの概念」を理解しており、簡単な計算問題も解くこともできるとわかっている。これは長期記憶と短期記憶を組み合わせた優れた認知能力なしにはできないことであり、ミツバチの小さな脳には驚くべきほどの能力が秘められているということになる。

 そして最近、ミツバチの新たな能力が判明した。オーストラリアRMIT大学の研究者らによると、『7』や『VII』といったシンボルと数量の7を関連づけて認識できるというのである。単純な記号と餌を使って学習させた結果、見事にシンボルと数量の関連を学んだというのだ。

 研究ではY字型の箱と、NとTを上下ひっくり返した記号の二つが使われた。Nは2を、逆さのTは3を表すことを学習させる、ハトの研究でも使われた実験系だという。今回はシンボルと数量を一致させる訓練と、数量とシンボルを一致させる訓練の2種類が行われた。

【衝撃】ミツバチの超絶賢い数学的能力が次々判明! 計算、ゼロの概念、シンボル試験も合格… AIの学習能力に応用へ!(最新研究)の画像2
画像は「Phys.org」より引用

コメント

2:匿名 2019年6月7日 19:18 | 返信

テスト内容が難しくて意味不明だったわ。これを理解出来てるならハチのほうが賢いかも…

1:匿名 2019年6月7日 02:00 | 返信

人間が思ってるよりも動物や植物は優れている

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。