【大スクープ】製薬会社ファイザーが画期的「アルツハイマーの予防薬」を隠していた!? 米大手紙がすっぱ抜いて大ニュースに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 高齢化に伴い、世界的に患者が増加しているアルツハイマー病。未だ有効な治療法はなく、多くの患者やその家族が苦しんでいる疾病の一つである。だが、今月4日付の米大手紙「ワシントン・ポスト」のスクープ記事によれば、米国の大手製薬会社ファイザーは自社の薬がアルツハイマー病の画期的な予防薬となりうることを把握しながら、臨床試験も行わないばかりか、そのデータを隠蔽しようとしているというのである——。これが今全米で大ニュースになっている。

参照:ワシントン・ポストの記事
ファイザーはアルツハイマー病予防の特効薬の手がかりを得ていた。なぜファイザーはそれを世界に教えなかったのか?

【大スクープ】製薬会社ファイザーが画期的「アルツハイマーの予防薬」を隠していた!? 米大手紙がすっぱ抜いて大ニュースに!の画像1
画像は「The Washington Post」より引用


■事件の経緯

 報道によると、ファイザーの研究者らは2015年、自社の医薬品「エンブレル」にアルツハイマー病のリスクを64%減らす効果があるのを発見した。エンブレルは全世界で関節リウマチなどの治療に用いられている薬で、同社の大ヒット商品の一つである。

【大スクープ】製薬会社ファイザーが画期的「アルツハイマーの予防薬」を隠していた!? 米大手紙がすっぱ抜いて大ニュースに!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 同社の研究者らは当然、この発見が本物であるか3000〜4000人規模の臨床試験を計画した。費用は8000万ドル(約87億円)と見積もられ、計画は内部の審査委員会にかけられることとなった。2018年2月の内部資料には『エンブレルはアルツハイマー病を安全に予防、治療し、進行を遅らせる可能性があります』との文言もあった。

 しかし、3年の審査の後、同社はエンブレルの臨床試験を見送る決定をした。同社の発表によると、事前の統計調査が「厳密な科学的基準を満たさなかった」といい、エンブレルにはアルツハイマー病の予防効果はないとみなしたのである。また、この決定の後、同社はアルツハイマー病などを扱っていた研究部門を閉鎖、300人の従業員を解雇している。

 同社のデータを見たという科学者たちも同社の決定に反対の声を上げており、詳細なデータを公表するように求めている。アルツハイマー病の専門家たちも、患者により良い選択肢を提示したいと、情報を提供するよう声を上げ始めている。

コメント

9:匿名 2019年6月8日 18:40 | 返信

とりあえずエンブレルのジェネリックをリウマチと称して打ちまくれば良い。

8:匿名 2019年6月8日 14:17 | 返信

世の中の裏を調べ始めたとき、はじめのうちは日本だけがこんなにも狂っているのかと思っていた。
しかし、それは間違いで全世界がこのような状態であった。
ま、それでもマシな国とそうでない国があるが、、、日本はマシな国かというと残念ながらそうではなかった。う~ん残念!
地球上に安心安全に暮らせるところなど一つたりともない。
ニーチェやエドワード・スノーデンの気持ちがわかるね。
ニーチェも実は『気がついていた』人だった。だからあれほどまでに悲観的だった。
エドワード・スノーデンの言ってることを読むだけでもどれだけ世の中は腐っており、そして終わっているかがわかるよ。

7:匿名 2019年6月8日 09:34 | 返信

癌、糖尿病、アトピーなど対症療法的治療が一般化してる病は「完治」が可能。
 
ずっと不思議に思っていたことだが、医者はIQが高いのだから、癌の特効薬
が既に開発されて握りつぶされてる事くらい薄々、感づいてるのだろう、と思
いきや、幼いころからマニュアル丸暗記のペーパーテストで高得点を取り、医
者になっているので、マニュアルを疑わない。つまり、洗脳されきっている人
達だった。本当に教育は恐ろしい。かえって学問からドロップアウトした人の
方が的確にモノの真贋を見極められたりするのかもしれない。皮肉な話だ。
 
まぁ、病院も「経営」であるから安価で病気が治ると困るジレンマがあるしな。

更に、WHOやFDAは闇の思想で動いてるから人の健康の心配などしていない。

6:匿名 2019年6月8日 01:20 | 返信

ある調査で医師520人にアンケートを取りました。
あなたはガンになったら抗がん剤を使いますか?
医師519人がNOという結果になった。ほぼ全員じゃんw
あるジャーナリストが取材のため厚生労働省に電話しました。
ジャーナリスト、抗がん剤は大変な劇薬とお聞きしておりますが、、、
厚生労働省職員、はい、その通りです。
即答で返事が帰ってきた。
ジャーナリスト、ではそれを使った患者さんは死んでしまいますね?
厚生労働省職員、残念ならがそのような方が多いようで、、、
ジャーナリスト、あんたらはそんな危険な薬物を承認しとるんか!
厚生労働省職員、・・・・・・

実際本当にあったやり取り

5:匿名 2019年6月7日 19:26 | 返信

だーかーら!金による資本主義はダメなんだよ‼️

4:匿名 2019年6月7日 18:01 | 返信

ジャッジアイズのアドデック9だな
きっと目の色が青く変色してしまう副作用があったんだよ

3:匿名 2019年6月7日 17:50 | 返信

>医者が抗がん剤自分に使わないってもはや誰でも知ってる常識
お前がそう言うんなら(ry
うちの院長は10年ほど前に大腸がんを患い手術もしたし抗癌剤治療も何年かやってた
そのお陰で60過ぎた今も元気に訪問診療やら外来診療やらやってるよ
因みに専門はリウマチ
エンブレルももちろん使ってるんで驚いたわ

2:匿名 2019年6月7日 17:33 | 返信

アンブレラ?

1:匿名 2019年6月7日 17:17 | 返信

だって治っちゃったら困るでしょ?(医療業界が)
治しちゃったら明日からおまんまの食い上げだよ?(製薬会社が)
医者が抗がん剤自分に使わないってもはや誰でも知ってる常識。打てば“死ぬ”からね。嘘だと思うならば親戚か仲の良い知人の医師にでも聞いてみな!
治さないかもしくは半殺しにするような薬を病院で配っていただけのことだったんだよね。
先入観ってマジで怖いよね。
まさか病院がそんなことをするはずがないって誰もが思うだろうからね。自分とてその一人だった。
悪いことをするのは政治家、官僚、詐欺師、ヤクザ、宗教家と、せいぜいがこの程度だと自分とて五年ほど前までは本気で思っていたからね。
でも実際にはそうじゃなかったってこと。
アンチ医学、アンチ医薬品を唱えているような人たちのブログやSNS、著書などを本屋かアマゾンなどで買って読んでもらえればそれでけっこうだ。
いかに自分たちが洗脳されてたかわかるだろうから。
毎日のように医療番組がテレビ放映されるなんて普通に考えておかしい話だからね。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。