米ニュース番組でUFO召喚した預言者ヤハウェがヤバい! 宇宙人の地球支配“3つの計画”も判明!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 世界には意図的にUFOを召喚できる人々がいる。その一人が、アメリカ人の預言者ヤハウェ(ラモン・ワトキンス)だ。この度、UFO探求ブログ「ET DATA BASE」が、ヤハウェ氏がUFOを召喚した際の米ニュース「ABC」の映像を紹介しているので、今一度振り返ってみよう。

・「Guy Uses Telepathy To Call UFOs To Him On TV News, Video, UFO Sighting News」(ET DATA BASE)

 ヤハウェ氏は謎が多い人物だ。1952年、テネシー州メンフィスに誕生したヤハウェ氏は、青年期をバスケットボール選手や野球選手として過ごした。その後はプロの道へは進まず、70年代後半にラジオショーやテレビショーを活発に行うようになる。いつ、どこでUFOやエイリアンに関心を持つようになったかは定かではないが、1999年に「預言者ヤハウェ ― UFO研究家」というケーブルテレビショーを放送するようになった。あるラジオインタビューで彼は、祖父がフリーメイソンであることを明かし、幼少期に教会に関する秘密をいろいろと教えてもらったと語ったこともある。

参照:「RationalWiki

米ニュース番組でUFO召喚した預言者ヤハウェがヤバい! 宇宙人の地球支配3つの計画も判明!の画像1
預言者ヤハウェ。画像は「ET DATA BASE」より引用

 預言者を名乗るヤハウェ氏は独自の神学理論を掲げている。曰く、神や天使と呼ばれるものは宇宙人に他ならず、全宇宙の創造と運営を担っているという。そしてヤハウェ氏こそ、彼ら宇宙人のメッセージを地球人に届ける預言者なのだという。旧約聖書の中にUFO召喚術を見出したヤハウェ氏は、25年間で1500機ものUFOを召喚したというから驚きだ。

 宇宙人は、地球で堕天使ルシファーの力が増大していることを恐れており、何百年も前から宗教を通して地球人を導いてきたそうだ。UFOアブダクションも彼らが行っており、その理由は真理に反する生き方をしている人間に神の姿を見せて改心させるためとのことだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ