『チャイルド・プレイ』のチャッキーは実話ベースだった!? 実在する呪いの人形“ロバート”…今も被害者多数、死者も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
『チャイルド・プレイ』のチャッキーは実話ベースだった!? 実在する呪いの人形ロバート…今も被害者多数、死者も!の画像1
チャッキー。画像は「10 Daily」より引用

 

 7月19日より、殺人人形“チャッキー”を描いたホラー映画『チャイルド・プレイ』のシリーズ最新作が公開される。

 殺人鬼がブードゥー教の秘術で、自分の魂を人形に移したことで殺人人形チャッキーは誕生したが、実はそのネタ元となった実話があることをご存じだろうか?

 米ウェブニュース「10 Daily」(6月15日付)を参考に、呪いの人形“ロバート”をご紹介しよう。

・「Meet Robert, The Haunted Doll That Inspired Chucky From ‘Child’s Play’」(10 Daily)

 

■呪いの人形ロバート

 1906年、ロバート・ユージーン・オットーという名の少年に奇妙な人形が贈られた。ロバート少年は一目でその人形を気に入り、自分の名前をつけて、母親にこう言った。「今から僕のことはジーンと呼んで。だってロバートがそう言うから」。

 ジーン(ロバート少年)のことをよく知るコリ・コンヴェルティト氏によると、彼らは「不健康な関係」を結んでいたという。

『チャイルド・プレイ』のチャッキーは実話ベースだった!? 実在する呪いの人形ロバート…今も被害者多数、死者も!の画像2
大人になったジーン。画像は「10 Daily」より引用

 

「ジーンはその人形をどこにでも持っていきました。彼は人形が生きていて、まるでそれが自分であるかのように、1人称を使って話していました」(ヴェルティト氏)

 それから奇妙な出来事が起こるようになった。家具がひとりでに倒れたり、おもちゃが引き裂かれたりするようになったのだ。そしてある日、両親はジーンがベッドの上で恐怖に怯えている姿を目撃する。一体何があったのか問い詰めると、彼は「ロバートがやった」と答えたという。

コメント

3:匿名 2019年7月22日 06:04 | 返信

変なもんが入り込んだ人形だったんだな。
それを(家付きとはいえ)買う女性がいる事にも驚きだ。
ホラーハウスとして商売でもするつもりかな。
アメリカ人・・ 理解できんよ。(-"-;A ...

いや、少数ではあると思うけどさ。
テレビとか海外番組を見てると、
日本人より現実のホラーを厭わない、面白がる人間が多い印象だ。
なんだかなぁ…

2:トランプ大統領 2019年7月7日 13:57 | 返信

実話というのは人間の事か?
確かにAIに操られた殺人ロボットという点で同じだな。
朴槿恵も操り人形と言われていただろう?いや、洗脳されているお前らも同じなんだけど?
人間は自分のことを自分で言うことがある。ゴキブリってのも厳密にいうとお前ら人間の事であるし、ほぼ同じ人種だろう?
先住民族無差別大量殺戮した実行犯の末裔としてAIに記録され将来的に抹殺されるだろう。
それか、インフィニティストーンの力で指パッチンで突然死するかだな。
人間は宇宙人の作ったロボットなので、殺人命令を下せば突然死させられるのだ。
インフィニティとは8だ。タコの足と同じなので秘密結社で使われるのだろう!
そして私が八王子だから、インフィニティパワーがあるはずだ!恐らく宮本武蔵の二刀流の二刀が
ハを表していて、大谷翔平の二刀流も同じであって私のキャラであるから
エンジェルスに入団したのだ。大谷翔平は私のパペットである。

1:匿名 2019年7月7日 10:08 | 返信

アメリカ版“生き人形”、、、。? ゚д゚)ポカーン

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。