賞味期限切れの食品を1年間食べ続けた男の体に起きた変化がヤバい! 「賞味期限の陰謀」の真相に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13

 食品の賞味期限。何となく腑に落ちないながらも、従う人が多いのではないだろうか。

 米メリーランド州に住むスコット・ナッシュさんは、オーガニック食料品チェーン店「マムズ・オーガニック・マーケット」のオーナーで、「環境保護主義を忠実に実践する者」を自称する男性だ。ナッシュさんは、ある出来事から賞味期限について疑問を抱き、消費者意識を高めるために、自ら賞味期限切れの食品を1年間食べ続ける実験を行ったのだ――。

■賞味期限切れ食品を食べ続ける“人体実験”

 ナッシュさんはある年の春に、バージニア州に所有している古い小屋の冷蔵庫にヨーグルトを忘れていき、秋にその小屋を訪れた時にそれを見つけた。

 そのヨーグルトはすでに賞味期限を半年過ぎていたが、彼はかまわずスムージーと古いヨーグルトを混ぜて飲みほした。そのヨーグルト入りスムージーは、別に味もおかしくなく、また飲んだ後に健康上の問題もまったくなかった。

賞味期限切れの食品を1年間食べ続けた男の体に起きた変化がヤバい! 「賞味期限の陰謀」の真相に迫る!の画像1
「Scott’s Compost Pile」の記事より

 ナッシュさんが、実験のアイデアを思いついたのは、問題ないと確信したその時である。ナッシュさんは、企業が賞味期限を使う理由について考え始めたのである。

「賞味期限はとてもあいまいです。『期限切れ』とは一体どういう意味でしょう?」とナッシュさんは語る。そして自身のブログで次のように言及した。

「米国の食品には『best by(この日付までが最適)』、『sell by(この日付まで販売可能)』、『best if used by(この日付までの使用が最適)』等の紛らわしい表示がある。これらには何の一貫性もなく、それが消費者の混乱を招いている」

 具体的な改善案としてナッシュさんは、食品(および非食品)の日付システムを変える必要があると考える。ラベル表示を一貫したものにすることによって、「最高品質の期限」や「使用期限」などの品質を示す用語と、消費者の健康のために設定された「食用期限切れ日時」の違いを明確にできるからだ。

賞味期限切れの食品を1年間食べ続けた男の体に起きた変化がヤバい! 「賞味期限の陰謀」の真相に迫る!の画像2
「Scott’s Compost Pile」の記事より

 そしてこれが重要なのだが、製品に付けられる日付は、現実的に設定する必要がある。例えば使用期限を付けた製品の中には、塩、缶詰、赤ちゃん用おしりふきなど、使用期限をまったく必要としないものもあるからだ。

 

 ナッシュさんと家族が行った1年間にわたる実験の間、彼らは1年前のトルティーヤ、7カ月から9カ月前のヨーグルト、賞味期限を数週間過ぎた肉、数カ月過ぎたホイップ用生クリームなど何でも食べたという。

 ナッシュさんはある時、冷蔵庫に数カ月放置されてカビが生えてしまったバターを見つけた。彼は、そのバターからカビを削り取り、調理に使ったが、家族全員何にも問題がなかった。

コメント

13:匿名 2019年7月29日 11:28 | 返信

ところで、タイトルにあるこの男に起きた体の変化って何?特に変化がなかったとしかないけど。

12:匿名 2019年7月23日 04:44 | 返信

食パンでも餅でも見えるカビの部分だけ取り除いても無意味だぞ?!
カビは生えた時点でout

11:匿名 2019年7月22日 17:29 | 返信

物事の抽象化や置き換えが理解できないかな。
不適切ならどこが不適切で自分ならどう喩えるか
別に書き込まなくても良いから考えると自分のためになるよ。

10:匿名 2019年7月22日 14:39 | 返信

>> 6

全く違う、

9:匿名 2019年7月22日 12:59 | 返信

賞味期限設けなきゃ
メーカーへのDQNからの
クレームで慰謝料だのなんだのと
ケチばかりつくでしょ

期限切れても食べれるのわかってるけど
期限あるがために1日でも過ぎたら
気持ち悪くなる性癖があって
心苦しいよ

8:匿名 2019年7月22日 10:31 | 返信

電球を規定数点灯させたら切れるようになるカルテルが実際にあったよね

7:匿名 2019年7月22日 09:04 | 返信

家電メーカーは故障による買い替え需要まで販売計画に組み込んでいるからね。
ゲーム機のコントローラーなど壊れやすい機器とかね。
それは良いんだけど、それならば機能を簡素化して壊れにくく且つ安い製品も一緒に出して欲しいんだけど、それも高いほうが売れなくなるという理由で出さないでしょ。
昔はこういう部分でユーザー重視の姿勢が見えたけど、今は全く感じないんだよなぁ。

6:匿名 2019年7月22日 08:31 | 返信

これはたとえば、赤信号でも安全に渡ることが出来た、という話で
多少無駄があってもルールを設定することでもっと大きなものをカバーしている。
そのルール設定には多少は強者の意見が反映されるだろうが
多くの人が守っているということは、そのルールが妥当だと言う事。
ただ、日本でも賞味期限切れを専門に扱う業者が出て来るなど変化はあるようだ。
だがそれはルール自体が無用ではないか、という話とは違う。

5:匿名 2019年7月22日 06:19 | 返信

S○NYさんをはじめ、有名メーカーは時間の経過で壊れるタイマーを家電製品に仕込んでいるというのを誰か記事にして暴いてくれ!

4:匿名 2019年7月22日 03:54 | 返信

別に…なぁ。
そこまで詳しく調べるほどの事でもないと思うけど。
期限を過ぎて食べればお腹を壊す可能性が高まるというだけの事であって。
で、
期限以内に食べて健康被害が出ればメーカーに責任があるから、
メーカーにクレームと医療費の請求などができる。
メーカーは責任を持つ事=金がかかる上に、悪い噂が立って最悪 倒産する事を回避したいがために
賞味期限を短く設定してるんじゃないのか?
アメリカは訴訟大国だと聞くし、どんな変人が難癖をつけてくるかわからなくて、
過剰に短い設定をしているかもしれないね。

赤ん坊のおしりふきも、洗浄成分や肌への安全を考慮した成分が揮発したり、
時間経過や保管場所の温度変化などで成分が変化してしまったら
製品表示や広告通りの効果が期待できないだろう。
そのあたりを考慮しての消費期限だと思うけど、
そういう化学成分的な問題はどうやってテストしたんだろうなぁ。

まぁ…アメリカでは、日本以上に問題を感じる表記があるという事なんだろうけどさ。
おじさんがここまで気にして調べた理由がよくわからない。
家族もそれに同意して協力するってのがなんとも・・ ( ̄∇ ̄;) 一家そろって、なんか変なんじゃないか?

3:匿名 2019年7月21日 21:09 | 返信

無料修理期間が過ぎたとたんに壊れる電気製品
二年縛りのケータイが1年半~2年で故障する
こういう現象は
壊れるタイマー作動の陰謀なんだろ(笑)

2:匿名 2019年7月21日 17:48 | 返信

家電に限らず20世紀の工業製品は丈夫で長持ちだったが21世紀のはひ弱だわ

1:匿名 2019年7月21日 15:08 | 返信

3週間冷蔵庫に放置してしまったカワハギの肝臓をこないだ食べたら全身に蕁麻疹が出た(´・ω・`)ワロエナイ
「計画的短命化」による売り上げ増加戦略ってのはどこもやりたがるだろうね(´・ω・`)
最近の家電製品はとても壊れやすいらしいね。
各企業には「シンプルで壊れにくい商品」を作ってもらいたいけど、連中は嫌がるだろうね(´・ω・`)
パパの家の冷蔵庫は91年製(28歳)
炊飯器は90年製(29歳)
レンジは82年製(37歳)
昔の松下、三菱ってすごいね(=゚ω゚)
「エコは地球を救う」とかいう標語はダサいよ(´・ω・`)
”Simple and Durable is Best.” を広めるべき(*´ω`*)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。