タイムトラベラー案件がカオスに突入! 我こそ本当のノアだと語る16歳少年が顔出しで登場、ネット番組を告発!

タイムトラベラー案件がカオスに突入! 我こそ本当のノアだと語る16歳少年が顔出しで登場、ネット番組を告発!の画像1
ノア氏。画像は「Express」より引用

 YouTubeチャンネル「Apex TV」に “ノア”氏が登場したのは2017年。2030年から来た未来人として、これまでなんども世界の行く末を語ってくれたが、ここに来て、ノア氏本人から衝撃的な暴露があった。

 英紙「Express」(7月15日付)によると、暗殺の危険から顔出しNGだったノア氏が、自らのYouTubeチャンネルで素顔を公開、“未来人ノア”はApex TVが作り出した架空の人物だと告白したのだ。

 現在、同動画はApex TVの申し立てにより著作権の関係で取り下げられてしまっているが、数週間のうちに復活するとのことだ。

 とりあえず「Express」の記事を参考にその概要を見ていこう。

タイムトラベラー案件がカオスに突入! 我こそ本当のノアだと語る16歳少年が顔出しで登場、ネット番組を告発!の画像2
デニス・ベルくん。画像は「Express」より引用

 まず、ノア氏の正体はユーチューバーのデニス・ベルくんだという。まだ16歳の少年だ。ベルくんによると、Apex TVは彼と彼の両親に“機密保持同意書”にサインさせ、正体を明かすことがないよう契約を交わしていたそうだ。

「このビデオを見たらApex TVは怒り狂うことでしょう。全部暴露してしまいましたからね」(ベルくん)

 以前、“ノア”は6千万年前の恐竜の写真を披露したことがあるが、その写真もこれまでの話も全てはApex TVの作り話だったという。ベルくんはApex TVから報酬をもらいながら、架空の人物を演じてきたわけだ。

 今回、その契約を破ってまで告白に踏み切ったのは、ノアを演じることに疲れてしまったからだという。ノアが有名になればなるほど、その正体を突き止めようとする人々が増え、殺害予告や脅迫を受けるようになったそうだ。今は普通のユーチューバーとして平和な生活を取り戻したいと語っている。

タイムトラベラー案件がカオスに突入! 我こそ本当のノアだと語る16歳少年が顔出しで登場、ネット番組を告発!の画像3
Apex TV。画像は「YouTube」より引用

 一方のApex TVは、一カ月前から更新が滞っており、ベルくんの暴露に対する反応もないようだ。ベルくんの話が真実であれば、同チャンネルが取り上げてきた他の未来人や異世界人もフェイクである可能性が出てくるが……。

 もしくは、ベルくんの告発の方がフェイクである可能性もあるだろう。ただ、現時点では双方の言い分が出揃っていないため何とも言えない状況だ。今後、Apex TVが納得のいく説明をしてくれることに期待したい。

参考:「Express」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ