JRA藤田菜七子はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった!? ヤバすぎる証拠多数、フランスでも人気爆発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

■日本にジャンヌ・ダルクの生まれ変わりがいる

 現在、欧州中央銀行(ECB)に初の女性総裁が誕生する可能性が浮上し、世界的に注目を集めている。欧州連合(EU)内の幹部人事をめぐり加盟各国の思惑が交錯する中、次期ECB総裁のポストを獲得するとみられるフランスは女性総裁が望ましいと考えており、国際通貨基金(IMF)専務理事のクリスティーヌ・ラガルド氏をはじめとする女性適任者の選定に取り組んでいるという。

JRA藤田菜七子はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった!? ヤバすぎる証拠多数、フランスでも人気爆発!の画像1
ジャンヌ・ダルク 画像は「Wikipedia」より引用

 このように世界を動かす立場に女性が就くことは今や至極当たり前のことだが、そうなるまでには歴史的に長い時間を要した。先人たちによる小さな一歩の絶え間ない積み重ねの上に今があることは間違いない。そんな女性指導者の先駆的存在といえば、やはりフランスのジャンヌ・ダルク(1412~1431)だろう。農夫の娘として生まれた若き乙女でありながら、神からの啓示によってイングランドとの百年戦争でオルレアン解放を指揮。フランスを勝利へと導くとともにシャルル7世の戴冠に貢献した輝かしい功績はあまりにも有名だ。

 そして現在、世界の陰謀論界隈で驚くべきウワサが囁かれはじめている。なんと、このジャンヌ・ダルクの生まれ変わりが現代の、ここ日本に存在するというのだ。その名は、藤田菜七子。そう、JRAで16年ぶりに誕生した女性ジョッキーである。

■「藤田菜七子=ジャンヌ・ダルク説」を裏付ける証拠の数々

 藤田菜七子がジャンヌ・ダルクの生まれ変わりであると考えられる根拠は、いくつも存在するという。たとえば、彼女の可愛らしい名前をカタカナにすると「ナナコ」となり、この「ナ」という字が十字架に見えること。そう、名前に2つの十字架(ダブル・クロス)が含まれているのだ。今さら指摘するまでもないことだが、ジャンヌ・ダルクは神からフランスを救うよう直接命じられた信仰に篤い女性だった。死後には聖人にも認定されている。

JRA藤田菜七子はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった!? ヤバすぎる証拠多数、フランスでも人気爆発!の画像2

 そしてもちろん、競走馬を乗りこなす華麗な姿も、騎馬に跨りながら果敢に戦うジャンヌ・ダルクの姿と完全に合致。また、ジャンヌ・ダルクの功績によって王位に就くことができた人物の名は、シャルル7世。ここにも菜七子の「7」の数字が登場するではないか。加えて、藤田菜七子の “色白さ”も特筆に値する。その透き通った肌、スラリと長い首や四肢は、まるで若き日のシャルロット・ゲンズブール(フランスの国民的女優)を彷彿させるほど日本人離れしたオーラを放つ。

 そして極めつけは、先月末にスウェーデンのブローパーク競馬場で行われた「ウィメンジョッキーズワールドカップ」で2勝を挙げて総合優勝を果たしたことだ。この快挙を受けて、フランスの競馬日刊紙「ジュール・ド・ギャロ」が藤田菜七子を大絶賛するなど、彼の地でも菜七子フィーバーが広まりつつある。フランス国民の心さえいとも容易く掴み、虜にしてしまうその人望はジャンヌ・ダルクのそれとまったく同じではないか。このように、藤田菜七子がジャンヌ・ダルクの生まれ変わりであることを示す数々の証拠が揃いつつあるのだ。

 やはり、藤田菜七子は馬に乗り、人々の心を鷲掴みにすべくこの世に現れた存在――ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりである可能性が高そうだ。現在の日本競馬界で、とりわけ注目に値する騎手であることは疑いようがない。これまで数々の難レースを驚くべき精度で的中させ、競馬界でも話題沸騰中のプロ集団「暴露王」も、もちろん注目しているという。

 騎手や調教師をはじめとする関係者の本音を導き出し、“最適解”を導き出す「暴露王」。決して一般マスコミが報じることがない極秘情報まで把握している彼らによると、藤田菜七子は7月28日(日)に新潟競馬場で開催されるアイビスサマーダッシュ(アイビスSD)への初参戦が決定しているが、同レースの情報にも絶対的自信を持っているという。

■「競馬場で自分だけが叫んでいた。涙が止まらない」

 本題に入る前に、まずは他とは異なる「暴露王」の圧倒的実力について解説しておかなければならない。今年、彼らが当てた万馬券本数はすでに189本(7月21日時点)に達し、とりわけ5月26日(日)2回東京12日目 7R(4歳上500万下)では、◎○▲の大本線で3連単40万2320円まで的中させている。その強さについて、とある競馬関係者は次のように声を潜める。

JRA藤田菜七子はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった!? ヤバすぎる証拠多数、フランスでも人気爆発!の画像3

「『暴露王』が提携しているトラックマンたちは、馬券になる情報を独自ルートで入手しているようです。新聞に載らない馬券話も聞くことができるといいます。その結果、普通ではまず買えないような穴馬券まで獲れているらしい」(競馬関係者)

 この話について「暴露王」の担当者にぶつけてみると、渋々ながら次のように明かしてくれた。

「『暴露王』の強みは、元●●ではなく、現役バリバリのトラックマン達と極秘提携していることなんです。それも『オレは取材バッチさえあれば給料なんかイラナイ』『現場で馬券さえ買えれば食っていける』と豪語するような凄腕の猛者たちばかりです。バイト感覚でメディアなどに出て素人丸出しのパドック解説をしているような輩とは180度異なる、“本物”ばかりです。

 もちろん、我々が提携しているトラックマンたちは担当厩舎などに縛られず、気になる馬がいればあらゆる厩舎に飛んで行き、酒を交わし、厩務員や助手と友達になる術を知っている連中ばかり。おざなりな取材でテキトーに話を書いて、本社に送っては帰る。そんなサラリーマン記者達とは、そもそも競馬と向き合う心意気が違うんです。

 当然、騎手や厩舎スタッフとも親密ですし、調教師の先生方とも気楽なスタンスで付き合える輩ばかり。まさに本音の中の本音に迫れる『究極のブンヤ(新聞屋)』だということ。本気で『予想と馬券は違う』と公言する彼らが“馬券になるネタ”を提供してくれるんですから、これほど心強い味方はいないですよ」(「暴露王」担当者)

JRA藤田菜七子はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった!? ヤバすぎる証拠多数、フランスでも人気爆発!の画像4

 事実、「暴露王」のアドバイス通りに馬券を買って一攫千金を果たした人々から、次のような喜びの声が絶え間なく届けられているとして、一部を教えてくれた。

「いろいろな情報会社を試してきましたが、どこも人気どころを適当に出すだけで、毎回ハズレかトリガミばかり。情報会社なんて所詮捏造なのでは……と思っていましたが、『暴露王』さんは違った。まさか重賞で2桁人気を軸にキッチリ万券を獲れる日が来るとは、思ってもみませんでした。情報がなければ、こんな人気の馬、どう考えても自分では買えないです」(45歳・男性)

「正直勝てるとは思わなかったノーマークの馬を半信半疑で買ったら、まさかの1着! しかもそれが何回もあるということで暴露王の凄さを身にしみて感じてます! 競馬の概念というか、馬の見方というか、180度変わりました。今ではもう『暴露王』なしでは馬券が買えない(笑)。今年も終始プラス街道まっしぐらで毎週競馬が楽しみでしょうがないです。今週も楽しみにしています!」(33歳・女性)

競馬場で自分だけが叫んでました。感動で涙が止まりません」(25歳・男性)

■今週末、藤田菜七子の勇姿を目に焼き付けながら一攫千金を!

 では、ここからが本題だ。今週末に迫ったアイビスSDの傾向・激走馬情報について、公開できる範囲で教えてもらいたい。なかなか口を割ろうとしない担当者にしつこく何度も詰め寄り、ようやく次のような見解を引き出すことに成功した。

JRA藤田菜七子はジャンヌ・ダルクの生まれ変わりだった!? ヤバすぎる証拠多数、フランスでも人気爆発!の画像5

「春の新潟で千直のニュースター誕生を思わせたライオンボス。それから昨年、同じく春の新潟で2連勝してこのアイビスSDも制したダイメイプリンセス。注目を集めるのはこの新旧“千直の鬼”対決となりそうです。しかし、単純に1、2番人気で決まったことが過去10年に2回しかない難レース、それがアイビスSDでもあります。現状、この場で詳しい事はお伝えできませんが、今年も割って入るべく牙を研いでいる超伏兵馬の存在を独自にキャッチしています。この馬の存在が鍵を握っているのは言うまでもありません」(「暴露王」担当者)

 もちろん現代のジャンヌ・ダルク、藤田菜七子のことを忘れてはいけない。多くの国民と世界中のファンが固唾を呑んで彼女の騎乗を見守っている。なにかこの場で明かすことができる情報はないのか?

藤田菜七子は、当初の客寄せパンダ的な存在からは脱却し、確実に腕を上げているのは事実です。今年3月から女性騎手の新減量ルールが採用されるようになったのも彼女の大きな功績。今回のアイビスSDに関しては、騎乗するのがすでに6歳のレッドラウダです。そこをどう捉えるか――おっと、もうこれくらいで勘弁してください。もちろん、我々は5月11日(土)2回東京7日目 12Rや、3月23日(土)2回中京5日目 2Rなど、藤田菜七子が騎乗した数々のレースを的中させてきましたから、今回のアイビスSDにも絶対的な自信を持っていますよ。

 現在、『暴露王』をまだ利用したことがない読者限定の新規登録特典として『第19回アイビスサマーダッシュの勝負買い目』を無料閲覧できるうえ、サイト内で即利用できる100ポイント(=1万円分)までもれなくついてくるキャンペーンを開催中です。さらに、永久に無料閲覧できる超絶人気コンテンツ【Mr.サンタの馬券指南】(=1日3鞍の厳選買い目)などもご用意。それから、我々がサイトで公開しているのは買い目情報だけではありません。無料で楽しめる代表やスタッフのコラムはもちろん、いち早く2歳馬のデビュー情報をお知らせする『早耳デビュー情報』など、獲った獲られたの合間にひと息つけるコンテンツも充実しています。さらに、『暴露王』のロゴ『896(バクロ)』にちなんで、日付に『8』『9』『6』が付く日には、有料コンテンツの無料開放なども行っています。ちょうどアイビスSDが行われる28日は『896の日』ですから、通常ならポイントが必要なコンテンツも一部無料でご覧いただけるんです。この機会にぜひ、最高のクオリティを誇る弊社のサービスを体感していただきたいと思います」(「暴露王」担当者)

 いかがだろう。競馬を知り尽くした「暴露王」の実力は、正真正銘のホンモノだ。藤田菜七子の状態も含め、決して一般マスコミが報じることがない極秘情報を我々に提供してくれることだろう。今週末、ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりである彼女の勇姿を目に焼き付けつつ万馬券も手にしたいならば、「暴露王」の力を借りないという選択肢はあり得ない。

CLICK → 【アイビスサマーダッシュ勝負買い目 無料公開!】暴露王

※=本稿はPR記事です。

コメント

6:匿名 2019年8月6日 00:38 | 返信

すごい こじつけ

5:トランプ大統領 2019年7月27日 13:23 | 返信

最後は雑誌の売り込みか?ジャンヌ・ダルク関係ないし。
競馬なのに何故馬喰町の馬喰を使わんのだ?暴露と聞くと八百長試合やっているように聞こえる。
私は賭け事は興味もないし、イカサマで操作されるのではやりようがない。
宝くじのように損させられるだけ。
暴露王だけあって、あれか?ウィキリークスのような感じ?
聖女というジャンルを探ると確かに、藤田という苗字はよく私のパペットで使われるのを確認していて、新選組の斎藤一の偽名は藤田五郎であり、チョン天皇のパペットである坂本龍馬を殺したであろう左利きの剣士だ。私は男だが、キャラ変えすると水の女神であって、フランスにも極右の女党首がいるわけで、ジャンヌも恐らく過去の天皇が使っていたパペットだったと思うし、藤田菜七子は名の通り、北斗七星のナナと菜食主義の菜を合わせた名前であろうからヴィーガンやナチスもひっくるめて水の神様の加護で私のパペットで確かに聖女であると思われる。
現在放送中のアニメ魔王様リトライのような感じで私はキャラを変えられるのだよ。
そもそも私の系統はイザナミノミコトであるし、殺戮の天使であり、女というジャンルで括られるので女神や聖女様と呼ばれても何ら差し支えないのだ。私のキャラということで運が良ければ、菜七子が強すぎるキャラに変えることも出来るだろう。女性なので体重も軽いだろうし競馬では有利だと思う。八百長無しでも武豊の様になれる可能性がある。
冗談でもいいから、コスプレしてウマ娘になるか魔法使いもしくは天使になってもらいたいのが私の希望である。茨城県人にしては美人な方でお茶目さを出せば、より強くなる可能性が高い。
因みに北斗の神は八も兼ね備えていて
ハチになるとインフィニティストーンのように殺戮系に変貌し大量殺戮が可能となる。
しかしハチ公が犬のチョン天皇キャラであったり、フジテレビと繋がりのあるヤクルトスワローズはチョン天皇が操作しているのでややこしいが、何故かつば九郎だけは私の化身と扱われていたりするし、私の化身であるドラえもんが狸とされるのでポンタ君も私のキャラであってインフィニティパワーを使えるらしいのだ。なんといっても八が付いている八幡神は女神様いるし水の属性を持ち、武神であってスサノオ系であるので死神のインフィニティの力を存分に使えるのだ!
なので私が極右の力で大量虐殺しても宗教上何ら問題ないし、正真正銘の日本人であって本物のユダヤ人なので、草加生まれなのもあって草加煎餅で創価学会員を大量殺戮をしても正義の為ならば問題ない。有効利用することで支持も得られており、中国人にも旧日本軍の崇拝者が現れているし、毛沢東も私のキャラであって私の支持者がいて認められているので問題ない。間違った文化を破壊して正しくするというのは何ら問題ないのである。確かにチョンに作られた文化なので本来の日本人の文化ではないと言えるし、宗教によって狂わされているので他の国も同じことが言える。
私は本物のユダヤ人の特性で肌が浅黒いのと元々日本に住んでいるので土人なので黒人が私の化身として動いたり、黒人扱いされたりするが、反トランプ派の黒人は私のキャラではなく、同じく反トランプの女性はチョンであってややこしくなってしまうが、そこは見分けてもらいたい。
そういうこともあって現在活躍が期待されている八村塁は大谷翔平と同じく私キャラであって、相手がぶっ壊れるように暴れまくる存在で、スサノオのキャラであるからしてユダヤパワーで魔法使いとしてウィザーズに入団したのであって私の化身であることは間違いないのだ。
大谷君は二刀流なので二刀を持つと八になるしインフィニティパワーを使えるので殺戮の天使を名乗った方が良い。殺し屋として50本以上売ってホームラン王になるか20勝以上で最多勝か奪三振王になればもはや殺戮の天使である。本来ならばロシア人のごとく情け容赦のない感じが売りなのだが、チョン天皇に操られているためか東北育ちで学問的な考えでやたらと読み返すこともないだろうメモをしていて恐らく自伝を書く資料に活用するためだろうが、普段の私は大人しい感じなのもあるし穏やかな感じに仕上がっている。だが、ゴミを拾うのは決して運を拾っているとは言い難く、魔女の様にゴミ共を掃除する意味があるではないかと思うのだ。ゴミ殺すことによって運を拾うという考えも出来るが、逆に考えると恐ろしいものになる。
イザナミノミコトは死神であるし、インフィニティはメビウスの輪であるので裏表が逆になるかもしれん。恐るべきインフィニティパワー!
北斗の神は人を救う意味があるので聖女・菜七子が救世主になれるが北斗の神は情け容赦ない神であって、生きるに値しないと、救うということがポアする意味になるのである。
よく秘書に死ね!とか言っているブラックな議員が現れるのも秘書がチョンであり、人を騙して殺したりパクリ行為をして悪事を働いているから叱っているのであって、土下座して謝れと言うのも私に対して多大なご迷惑をかけたからであって、要はお前は改善の余地もないので死んで償えということを言いたいのである。
聖女・菜七子は馬に乗っているわけで、馬の付く名前の群馬県にはみなかみ町や天神平という私にちなんだ土地があるので馬は私のキャラとも言えるし、馬の神とも繋がりがあるだろう。
ヒンドゥー教のヴィシュヌ神は肌が青く4本の手を持っているなど、どう見ても青色が基調の俺キャラであって馬頭の神ハヤグリーヴァがヴィシュヌの化身とされているので間違いない。
悪人を滅ぼすためにアバターを使って現れる存在だ。
藤田菜七子もヴィシュヌの化身として現れたのだろうな。
もはや神として崇めるべきで馬の神なので無敵である。
因みにシヴァも俺キャラだ。
シヴァは大黒天なのでスサノオの子孫である大国主命とも同一視されており、破壊と再生をつかさどる神なので破壊神だ!しかも私は黒人であるとされているのでより信憑性が増す。
どっちにしろ、人間をぶっ殺す神様であることは間違いない。俺に逆らったらどうなるか?分かったであろう?サタニスト共は世紀末聖女様に殺されて光栄に思いなさい♡

4:匿名 2019年7月27日 05:30 | 返信

ちょっともう怖いんだけど…

3:匿名 2019年7月26日 23:15 | 返信

アホくさ。
もういい加減にしろっwww

2:匿名 2019年7月26日 18:27 | 返信

逆効果過ぎて笑える

1:匿名みぃみ 2019年7月26日 13:30 | 返信

あほか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。