ディープフェイクのセックスビデオが流出したインド政治家が議会で号泣! 「この映像はフェイク、疑惑を捜査してほしい」

 インドで政治家のゲイセックスビデオがネットに流出した。しかし、当の政治家本人は「これはフェイクビデオだ」と議会の場で涙ながらに捜査の必要性を訴えたのである。一体何があったのか? 英「Daily Mail」(7月23日)がこの騒動を伝えている。

Indian politician breaks down in tears during extraordinary parliament debate over ‘deepfake’ video appearing to show him having sex with a man (Daily Mail)

ディープフェイクのセックスビデオが流出したインド政治家が議会で号泣! 「この映像はフェイク、疑惑を捜査してほしい」の画像1
Arvind Limbavali氏。画像は「Daily Mail」より引用

 今年7月中旬、インド・カルナータカ州の政治家Arvind Limbavali氏のゲイセックスビデオがインターネット上に流出した。これはSNSなどで現地の人々に瞬く間に広がり、Limbavali氏は対応を迫られることとなる。そして、7月22日、現地の議会に立つことになった。だが、彼は議場に立った彼は涙ながらに、問題の動画はフェイクビデオであると自らの無実を訴えたのである。

 近年、AIによる画像加工技術は飛躍的に進化している。その中でも特に注目を集めているのは「ディープフェイク」と呼ばれるもので、本物と見間違うようなリアルな画像、動画を作ることができる。見た目や仕草だけでなく声も合成することができ、昨年4月には米国のオバマ元大統領が「トランプ大統領は救いようのない間抜け」と発言しているフェイクビデオが発表されて話題となった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ