【永久保存版】舌でわかるアナタの健康状態、4つのポイントを紹介! 白っぽいとカンジダが… 健康改善法もアドバイス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

【永久保存版】舌でわかるアナタの健康状態、4つのポイントを紹介! 白っぽいとカンジダが… 健康改善法もアドバイス!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 人の舌には、各自の健康状態を反映した独特の特徴がみられる。これまでに漢方医、もしくは鍼灸師のお世話になったことがある人はご存じだと思うが、漢方では「舌を診る」。これにはれっきとした理由があるのだ。

 漢方医は、舌は全身の縮図であり、その人の身体の過剰と不足が反映されると考える。舌の形、色、舌苔(舌に付着した汚れの層)、および質感は、消化器系の問題や身体の不均衡を示すのだ。

 健康的な舌の色はピンクで、舌苔は薄く、口の大きさに比例する。それでは、あなたの舌は健康について何を語っているだろうか?

●舌の色

 赤い舌:ほてりや体温変化などを招く、発熱やホルモンの不均衡を示している可能性がある。

 紫色の舌:おそらく大きなケガや痛みから、循環器系が疲弊しているサインである。患部の炎症や感染症の可能性もあり。

 白っぽい舌:欠乏またはエネルギー不足の兆候。免疫システムが長期にわたって弱くなる病後、もしくは貧血の人によく見られる。

【永久保存版】舌でわかるアナタの健康状態、4つのポイントを紹介! 白っぽいとカンジダが… 健康改善法もアドバイス!の画像2
「Collective Evolution」の記事より

 

●舌苔

 厚い舌苔:より深刻な健康状態、そして腸が悪いことを反映している。

 薄い舌苔:正常ではあるが、舌苔が非常に薄い、あるいはまったくなければ、それは体内の水分不足を意味する。また身体に非常に負担がかかっているサインの可能性もある。

 黄色い舌苔:発熱や感染を示す。

 灰色または黒い舌苔:健康状態が非常に悪いことを示している。

 白く厚い舌苔:体内に冷えがあり、四肢への血行が悪いことを示す。そしてカンジダ菌、イースト感染症を意味することもある。

 

●舌の形

 舌に歯の跡が付いている、もしくは舌の縁が腫れている場合、栄養の吸収が良くないことを示す。また、体内に血のよどみや毒素の蓄積があるかもしれない。

 舌自体が非常に薄い場合は、脱水、または慢性的な体調不良の状態によって、身体の栄養分がひどく枯渇している可能性もある。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年8月5日 20:31 | 返信

東洋医学では舌を見る他に、脈とか顔色とか腹を触る触診とかで見極める。
でも慣れてくればこんなの見るまでもなくて症状を見ているだけでなんとなくわかるようになる。
例えば、
皮膚に病気がある=本当は肺が悪い(もしくは腸)
やたらと怒ってばかりいる=肝臓が悪い、もしくは心臓も悪い
目が悪い=肝臓に問題がある
など、症状を見るだけでいろんなことがわかるようになる。
こういうのは素人でも勉強すればわかる。だからこの症状のときはこの臓器が悪い。この臓器が悪いときはこの食事とかそういうことがだんだんわかってくる。そうなってくると“自分でも治療ができる”ようになってくる。
しょせんは医者などいらぬということだ。
医者は外科と救急以外ではまったくいらない。
自分の病気は本当は自分で治せるのだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。