大物ロックバンドのライブで壮大な「超能力実験」が実行されたと発覚! 他者の夢に干渉する“ドリーム・テレパシー”を証明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 かつて人気ロックバンドのコンサートで“テレパシー実験”が行われていたという。科学者たちが真剣に計画したこれらの実験では、盛り上がり最高潮のコンサート会場から就寝中の人物にオーディエンスがテレパシーを送ったのだ。

 

■かつて盛んに行われた“ドリーム・テレパシー”実験の数々

 きわめて印象的な夢を見た時、それは誰かからのメッセージかもしれないと思ったことはないだろうか。かつて科学者たちの間で、テレパシーを送って他者の夢に干渉することができるのかどうか、何度となく実験が繰り返されていたのだ。

 夢を通じてコミュニケーションができるという“ドリーム・テレパシー”の考えは新しいものではない。精神分析学の父であるジークムント・フロイトも、“ユング心理学”を創始したカール・グスタフ・ユングも夢を見ている時に起きているコミュニケーションを信じていたといわれている。

 1960年代になると、精神科医のモンタギュー・ウルマン氏らは米・ニューヨークのマイモニデス医療センターに「ドリームラボラトリー」を設立し、本格的にドリーム・テレパシーの研究に着手している。

 ドリームラボラトリーの実験室では、“発信者(sender)”がテレパシーを送り、それを睡眠中の“受信者(receiver)”が受け取り、見た夢の内容を報告する実験が繰り返し行われた。

 たとえばある実験は、フランスの印象派の画家、エドガー・ドガ作の『ダンス教室(Classe de danse)』の画像が発信者に見せられ、そのイメージを別室で眠っている受信者にテレパシーで送るというものだった。

大物ロックバンドのライブで壮大な「超能力実験」が実行されたと発覚! 他者の夢に干渉するドリーム・テレパシーを証明!の画像1
エドガー・ドガ作の『ダンス教室(Classe de danse)』 画像は「Wikipedia」より

 目が覚めた受信者は夢の内容を下記のように報告している。

「10人くらいの人がいる学校にいました。1人の少女が私と一緒に踊ろうと誘うんです」

 夢の中にこの絵画が現れたのだとすれば、適切な状況描写と言ってもよさそうだ。

 ほかの多くの実験でも、面識のない人々との間でさえ、ある程度の“ドリーム・テレパシー”の現象が起こることが示されたという。そしてドリーム・テレパシーがなぜ、どのようにして起こっているのかはわからないものの、現象として存在することは間違いないとウルマン氏らは結論づけた。

コメント

3:匿名 2019年8月24日 14:40 | 返信

集団的なイメージが個人に干渉するのはわかった。
実験デザインも良しとしよう。
たださぁ、
好きなキャラやちょいエロの夢が見れるだけでいいんだよ。
それだけで俺は生きてて良かったと感じれるんだ。
惜しいよ、トカナさん。

2:匿名 2019年8月24日 13:54 | 返信

“しんじ”られない

1:匿名 2019年8月24日 13:18 | 返信

大物ロックンローラー・平沢進のインタラクティブライヴの記事かとオモタ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。