【新事実】1983年「ウェールズUFO墜落事件」の消された過去が判明! 国防省、MIBが全力で隠蔽も…再調査で謎の金属片を発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 1983年、イギリス・ウェールズの小さな村にUFOが墜落するという事件が起きた。近年、あるUFO研究家がその残骸とされるものを手に入れて公開したことから、この事件は「ヨーロッパのロズウェル事件」とも呼ばれて注目を集めている。

■田舎町にUFOが墜落

 事件は1983年1月の寒い冬の日に起きた。ウェールズの西海岸アベリストウィスの南東にある小さな村スランイラル(llaniar)で農業を営むユーウェル・エヴァンス氏は、その朝、自分の畑に見慣れない金属片や機械の残骸が散らばっているのを見つけた。それらはまるで飛行機かヘリコプターの部品のように見えたので、夜の間に事故が起きたのだと思ったエヴァンス氏は、すぐさま警察に通報した。

【新事実】1983年「ウェールズUFO墜落事件」の消された過去が判明! 国防省、MIBが全力で隠蔽も...再調査で謎の金属片を発見!の画像1
事件が起きた場所。画像は「Google Map」より引用

 エヴァンス氏は4つの畑で多数の金属の破片を発見したが、破片の一部は灰色がかった緑色という奇妙な色をしており、蜂の巣のように見えるものもあったという。最初に村にやって来た空軍の調査チームによると、軍用機は墜落しておらず、見つかった破片は既知の航空機とは違うようだとエヴァンスに話したという。

 その後二番目の調査チームが村に来て、畑を非常線で囲って徹底的な捜索と調査が行われた。このチームには英国防省の人物もいたといい、大きな残骸から小さな金属片まで、全てを持ち去ったという。のちにエヴァンス氏はこの時の様子を「ジェームス・ボンドの映画か何かのようだった」と語っている。

 数週間後、国防省はこの事件に関する公式発表を行ったようだが、墜落した飛行機や軍用機はなく、近隣のレーダーもそのような事故を検知していないということを報告しただけで、回収された残骸の分析結果や現地調査の結果などは明らかになっていない。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年8月24日 03:34 | 返信

この破片は本物。でもこんなモノ持ってると殺されるよ。

1:トランプ大統領 2019年8月23日 07:17 | 返信

なんと!墜落事件が私にゆかりのあるウェールズにあっただと?もっと早く言わないか!
高度な科学技術で飛ばしていたUFOが墜落するなど、通常は考えられないことだ。
当時は病気で狂って墜落することが流行りだった?でもそれをきっかけに科学技術が発達するわけでもないし、私も近距離で浮いているのを生で見たことがあるので分かるが、頭がおかしいような感じは全くしなかった。何がしたいんだか分からん。私は人に言うほど興味ないし意味がないぞ。
空を飛ぶなど卑怯者のやることだ!俺のことを監視しているくせに分かんねぇのか?
奴が来たのは本当は3回だと思う。犬の散歩をしていた時に山に来ていた可能性がある。
従兄と犬の散歩をするため山の中に入ろうとした時、尋常じゃない感じで、急に犬が唸って警戒し始めて、熊かなと思ったが山にマムシは出ても熊が出るなど聞いたこともないし、まず人が入るような山でもなく、稀に車が入っていくがその日は誰も入っていなかったし、山の中で原木シイタケを作っていたし、削り落とした崖や坂もあったり、小さい山で山の周りは平野で田んぼや民家もある。他の山とも距離があり、小さい山しかないので熊はありえないだろう。因みに猿も鹿も猪も狸も狐も出ることは無い。いや狸と狐はいたような?
絶対に何かいたんだろうな。見えなくても電磁波が強力に出ていたとか?
光学迷彩で隠れていたとか?山に入るかなり手前だったので驚いた。熊じゃなかったら宇宙人かと思ったが、余りの反応故に従兄も何かいるから行くのやめようと言って、怖くなって帰ってしまった。今だったら、絶対に行っている。暗い夜に一人で日光の山に何度も入って帰っているので幽霊などもまったく怖くはない。一度も地図見ることもなく登っていたし、道を間違えても目的地まで行けた。鹿が飛び出して来て驚く程度だ。熊だろうが猿だろうが襲ってきたらぶっこ殺すつもりで武器も所持していたので、何ら問題がない。俺はもう昔の俺ではない。
俺を脅かして面白がっていたのか?知らんが、ふざけたことをする野郎だ。
例え山の中に宇宙人が出てきても俺は戦う!
「こんな酷ぇジャングルは流石の俺も初めてだ。」「まったくだよ、チョー最悪だ。」
「カンボジアが天国に思える。」「ほら一杯やれよ、故郷の味だ。」
「あのビリーが怯えてるぞ」
「ヤツらしくもねえです、今朝から様子が変だった。」
「奴は鼻が利きます。なにかある。」
「木の上に何かがいます」
「何を見つけた?」「とても言えません」
「森が彼を襲って攫った」「ゲリラの仕業です」
「来やがれツラ見せろ。出て来い、チェーンガンが待ってるぜ」
「いたぞぉ、いたぞおおおおぉぉぉぉぉぉ!」
「出て来いクソッタレエエ!化け物めぇ、チキショー!!」
「見ました、見たんです…!」
「尻込みしやがって、ここは危険で近づけないだと」「俺たちは道具だ、それも使い捨てのな」
「目です大佐、ライトのような。そいつに発砲して、確かな手応えを感じた。機銃弾200発とチェーンガンを、フルパック。それでも生きていられる動物はいないはずだ、ましてあの距離で
俺は恐い」「よしてくれぇ、恐れを知らぬ戦士だろうが」
「何かが俺たちを狙っている、人間ではない。全員殺される」
「下らん、恐怖でおかしくなったか?相手はただのゲリラだ。どうってことない」
「また来たぜ、兄弟!お前と俺と・・・あの時と同じジャングルで見る月だ。あの夜も怖いよるだった。小隊全員、32人が全滅して生き残ったのはお前と俺だけ、二人だけだ。
エッㇸ、不死身のコンビ!!二人ともかすり傷1つ負っていなかった。今に見てろよ!
お前をやった奴は必ずまた来るその時が勝負だ!お前の名を奴の死体に刻んでやる!」
「敵はどこだ!」「マック!」「んんっ、づぅ、んんっ、このぉ~、こッ、ゔうぅぅっ!」
「こっちだ!」「どこだぁ!」「ゔぅぅェッゔぅっ!」「おぉーッ!でぇっ!おぉっらッ!」
「マックぅ!!」「マックッ!」
「野郎ぉ、仕留めたぞぉ!エㇵァㇵァ、仕留めた!クソォ!」
「よく見ろぉ!そいつはイノシシだぜぇ!一体?・・・明日はイノシシのステーキか?」
「嫌味な野郎だ、クソッタレ!」
「ハッハッハッハッハッハッハ」

「血が出るなら、殺せるはずだ!」
「いぃたぞ!見つけたぁ!待ちやがれぇ~」「マック!マァァーック!」
「ポンチョを連れてヘリのところまで行け!」「はい!」
「待て、マックは俺が追う」「らしくないじゃないか」
「お前の悪い癖が移ったんだ。いいから行け」「恐ろしい相手だぞ?」「倒して見せるさ!」
「ディロン!」「ヘリを待たせといてくれ!」
「シィーッ、あそこだ、あの木の向こうにいる。見えるか?俺には見える」
「待ってろバケモノ、今行くからなぁ!逃げるんじゃねぇ!サシで勝負だ!チキショウ、待てェ今すぐ行く!勝負するんだ、逃げるんじゃねぇぞ、サシの勝負だ!待ちやがれェ!」

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。