性交の三段階、寸止めセックス、性交時間…キリスト教最狂のブッ飛び教団「オナイダ・コミュニティ」を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ジョン・ハンフリー・ノイズ(1811-1886)、歴史上稀にみるキリスト教SEX教団の教祖となった彼の教えは、どのようなものだったのか。ノイズが指導した「千年王国」オナイダ・コミュニティは、宗教的共産主義を実行し、全財産のみならず、信者の心身も共有した。彼らはキリスト教の証ともいえる日曜礼拝を廃止、「聖霊」の力と権威を注ぐ「按手(あんしゅ)」を信者間のセックスと解釈して、近親相姦、優生学的な生殖、性行為の管理を目指した。そこでは一体何が信じられていたのか?――宗教・オカルトの専門家・神ノ國ヲが徹底解説!

<教祖ノイズについて徹底解説した記事はコチラ>

 

■乱交でもフリー・ラブでもない「複合婚」

オネイダ・コミュニティの女性と子ども。画像は「Collectors Weekly」より引用


 1847年10月26日、ノイズは「姦通罪」で逮捕される。夫ある女性がノイズによって長年の病気より「聖霊の力」を受けて回復した――つまりノイズと性交したのだ。ノイズの郷里パトニー村はこれに激怒。結果的に彼らはNY州オナイダへと移転し、そこで共同体の建設へと向かう。徹底的な無償の愛「アガペー」と情愛「エロス」を区別せず、公共圏と親密圏を融合させた「オナイダ・コミュニティ」の始まりである。

 実は、誤解されがちだが「複合婚」は、フリー・ラブでもフリー・セックスでもない。たしかにノイズが初めて「フリー・ラブ」という語を使ったが、いわゆる「乱交」のような意味ではなかった。「複合婚」は、ルールと規律によって縛られ、管理された性行為であった。それは決して乱交共同体ではないのだ。ならば、どのような規律があったのか。教祖ノイズは、性行為をどのように考えていたのか。

 

画像は「getty images」より引用


■メイル・コンティネンス――男の自制 

 ノイズが自身と信者たちに課した規律、それが「メイル・コンティネンス」だ。ノイズによれば、性交には三段階ある。まず女性器に男性器が挿入された状態。次に、相互運動の段階。最後に射精の危機である。ノイズは、最後まで性交を精神の管理下に置き、男が絶頂に達することを「自制」するように教えた。なぜなら出してしまえば、女性に出産を強いることになるからだ。

 ノイズによれば出産とは罪の結果である。サタンに聞き従った女性に与えられた痛苦でしかない。千年王国には、そんなものは必要ないのだ。むしろ男は、積極的に女に喜びを与えなくてはならない。それは信仰に基づく愛と自制によってのみ達成される。だからノイズは、男は「自制」し、女には性的満足を与えるように積極的に指導していた。平たくいえば、「男は黙って寸止め!」、これが神の代理人の教えである。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

1:匿名 2019年9月18日 09:05 | 返信

前編の時から思ってたけど、これって現代の西側諸国の「お手本」になってる最先端国家の北欧とよく似ている!
北欧から発して広まってきてる今の先進国の価値観が前々世紀のカルト教団のものと酷似してるなんて…なかなかショッキングだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。