【決定版】米海軍がUFO映像を公式に認めた切実な裏事情とは? 事情通が暴露「UFOの正体、宇宙人、米軍の思惑、テロ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 2004年にサンディエゴ沖で発生したニミッツ事件。アメリカ海軍空母ニミッツの演習中にUFOが出現し、迎撃のために出撃したパイロットを翻弄した事件の動画が流通している。その映像をアメリカ海軍が本物の映像であることを公式に認めた。

 海軍が認めたのは、ニミッツ事件と、2015年に大西洋沖で発生した事象を加えた合計3つの動画映像の中身で、海軍報道官はこれらの物体をUFOとは呼ばずUAP(未確認航空現象)と呼んでいると形容した。

 アメリカ国防総省は2007年から2012年にかけて25億円もの予算を投入しAATIP(Advanced Aerospace Threat Identification Program、先進航空脅威識別プログラム)を立ち上げた。これはプロジェクトブルーブックなどの米軍のUFO研究プログラムの現代版である。

「UFOは観測気球や金星の見間違いである」に始まり、「UFOの正体は米軍が極秘に開発中のステルス兵器だ。情報が隠蔽されその存在を否定するのは、単にそれが軍事機密だからだ」と説明されてきたのがUFO現象の歴史である。にもかかわらず米軍が何度も公式なUFO研究プログラムを立ち上げているのは、米軍が過去60年間、繰り返し正体不明の飛行物体に遭遇しているからだ。

 2004年のニミッツ事件もそのひとつで、映像に収められた飛行物体はサンディエゴ沖の演習での遭遇事件だけではなく、そこからニミッツがイラク戦争で実戦配備される湾岸エリアまで、謎の物体はずっと米軍艦隊を追跡してきたという。

 映像に映ったその物体は「レーダーに映る」、つまり金属などの実体を伴った物質で、海中に潜った状態から迎撃の戦闘機を認識するとありえないスピードで空中に浮上し、さらには急激に向きを変え数キロ離れた艦隊の目の前に一瞬で到達したという。

人気連載
【怖いほど当たる】あなたは信頼できる人? 周囲があなたに抱く信頼と不信感をLove Me DOが徹底占い!

【怖いほど当たる】あなたは信頼できる人? 周囲があなたに抱く信頼と不信感をLove Me DOが徹底占い!

■周囲があなたに抱く信頼感or不信感 「“ウワサの美少年...

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

コメント

3:匿名 2019年9月24日 10:33 | 返信

UFOと聞いて「いつものアレか」と思いきや結構重要な変化が起きてたのね。

2:匿名 2019年9月24日 01:44 | 返信

上の人に同意。
記事が読みにくくなりました。

1:匿名 2019年9月23日 10:51 | 返信

サイトの背景画像が、記事の黒文字に対してちょっと読みづらくなる画像(噴霧器を持った人物の所が)だから、変更するかどうかして欲しいねこれ。白背景よりは、目に優しい色調になって良いのは良いんだが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。