【必読】サイキック攻撃された時に起こる“23の症状”を徹底解説! 誰かの呪いに打ち勝つマントラやパワーストーンも伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 たとえば人から激しい恨みを買い、夜な夜な自分の分身たる藁人形にクギを打ち込まれているとすればゾッとするばかりだが、このような目に見えない“サイキック攻撃”を受けていると我が身にどんなことが起こるのか。そしてそれを防ぐ方法はあるのだろうか――。

■“サイキック攻撃”されたことで起こる23の症状

 世界中のさまざまな文化の中で“呪い”がサイキックな攻撃方法として語り伝えられている。もし魔術師や呪術師に呪いの術をかけられてしまった場合、自分の身にどんな変化が訪れるのだろうか。スピリチュアル系メディア「In5D」の記事ではこの“サイキック攻撃”を受けている時の症状とその解消方法を解説している。

【必読】誰かに呪いをかけられた時に起こる23の症状を徹底解説! 負のエネルギーに打ち勝つマントラやパワーストーンも伝授の画像1
画像は「Wikimedia Commons」より

 まず、自分が人知れずサイキック攻撃を受けている場合、以下のような症例が見受けられるという。その症状は23にも及ぶ。

・ エネルギーレベルが低下しているため動くのがおっくうになる
・ 滑舌が悪くなる
・ 思考が混乱する
・ 考えの結論が出せない
・ 四肢の麻痺、重さを感じる
・ 睡眠麻痺(金縛り)
・ 物忘れ
・ 時間を無駄にする
・ 瞑想力の喪失
・ かつての好調な分野に陰りが見えはじめる
・ スケジューリングに困難を感じる
・ 行き詰まり感、他者の妨害を受ける
・ 病気、感染症、発熱
・ 食欲減退
・ 依存対象への強い渇望
・ 睡眠障害、悪夢
・ 生活習慣からの離脱による自信の喪失
・ 日々の生活での徒労感
・ 守られていない感覚、地に足を着けていない感覚
・ うつの暗い気分、孤立感による死にたい気持ち(自殺念慮)
・ 充足感を得にくい
・ 感謝の気持ちの一時的喪失
・ 日常生活と相いれない絶望と希望喪失

【必読】誰かに呪いをかけられた時に起こる23の症状を徹底解説! 負のエネルギーに打ち勝つマントラやパワーストーンも伝授の画像2
「In5D」の記事より

 これらの症状はサイキック攻撃により“負のエネルギー”に包まれていることで起こる。そしてこれらのネガティブな感覚は“スパイラル”を描いてどんどん深みにはまってしまうのだ。

 そしてこれらの症状はつまるところ3つの状態に分類できる。

1. 定期的な意識の飛びや、記憶喪失、時間の急な経過、バラバラな時間感覚によって強調される、身体と心の“幽霊感覚”。

2. アイコンタクトを避ける状態。あなたが彼らに危害を加えるか、彼らがあなたの秘密を見ることを恐れている(いわゆる悪魔に憑かれた状態である)。

3. 混乱状態が継続し、やる気、野心、集中力、自制心が欠如した状態。悪魔はそうした状態にある者を優先的に“呪う”。

 ではこうした負のエネルギーに取り囲まれてしまわないために自らができることはあるのだろうか。

コメント

8:匿名 2019年10月7日 02:05 | 返信

つまり、病気も呪いが原因とも考えられる訳だ。 分かりもしない事を馬鹿にする輩が多ければ、それだけ21世紀のこの世の中で、呪いはかけ放題になる訳だ。信心深い人が減ったからこそ、昔よりやり易くなった事は考えられる。  ただ、「人を呪わば、穴二つ」と言われ、呪うと必ず自分にも返って来るらしい。呪った犯人も、不幸になるか、倍返しされられば死んだりしているはずなのだが‥ 呪う主が存在せず、悪魔が単独でとり憑くなら、犠牲になるのはターゲットだけになる話だが。  2の「アイコンタクトを避ける」現象が、悪魔にとり憑かれている状態だというのは、初めて知り、参考になった。 でもなんであれ、理由が有るからには、しょうがない事は有る。悪魔が勝手にとり憑いて来ようが… 理由を無視して「明るく楽しく」生きていられるなら、それは単なる無責任な馬鹿だろうが。 勝手に悪魔がとり憑こうが、悪くない者は悪くない。被害者だ。 悪魔に目を付けられない(安泰な方向で気に入られる為に)生きているのではない。知るかそんなの! 人に危害を加えるのが「悪魔にとり憑かれて」困る場合だ。誰にも危害を加えず、自分がクルシム一方なら、良いだろうが。    人は、どんなに運が良くても、寿命で必ずいつか死ぬ。死は恐れる対象にはならない。(良い意味で恐れることは大事なのは当たり前。) 問題は、幸せだったかどうかだけ。不幸なら死ぬ方がマシにもなる。 勝手に呪われたり悪魔に憑かれたりしながら生きた人(自分だけが不幸だった(悪人にならなかった)人限定)、場合により早く死なされたりした人などは、満足に(悪く言えばのほほんと)生きられた人より、死後は幸せにならなければならない。そうで無ければおかしい。とてもじゃないが、吊り合いは取れない。   にしても、何で悪魔なんかが居るんだ?初めから居なきゃ良いだろうが、そんな邪魔なの。 悪霊にしても、何でちゃんと地獄へ堕ちていないんだ?さっさと堕ちろよ。   死んでからもなお苦しめられ続ける?そんな仮定がされるなら、もう生(命。生まれて死ぬ事)自体が何なのか?訳が分からなくなるだけだ。勝手にしろとしか言えなくなる。 悪人は、死後はどうなるにしろ、とりあえずこの世ではふざけ放題で楽にしか生きていないというのに。善人も、殆どが誤魔化して、本当の苦労からは逃げているだけ。(厳密に正しく生きてなんかいない。それはほぼ不可能だ。) まぁいいさ。あーだこーだ言う必要は無い。無罪の者が生前と死後にも苦しめられる事などが有るのかは、死後はっきりする。自分が地獄へ堕ちない為に、自分が悪人にならずに生きる事ぐらいは可能だから。たとえ訳の分からない不幸にばかり遇ってたってね。 馬鹿やクズや悪人は、笑っていれば良いよ、誤魔化して逃げながら。どう生きるのも、個人の勝手。可能か不可能かだけなんだから。何を信じるかも、個人の自由になる。 ただ、死は必ず全員に一回、約束はされているよ。
    悪魔なんか、キチガイだ!クソ喰らえ!  悪魔にとり憑かれて若死にしたドイツ人少女の、アンネリーゼ・ミシェルの画像を見て、肉声を聞いたら分かる。どうにもならないんだよ。 何の落ち度も無い人間が、理由も分からずどこ迄も苦しめられ早死にする。  さっさと殺せよ、クソ悪魔だか手下の悪人だか知らないが!無間地獄へ墜ちるんだよ、テメーらは。ザマー見ろ! 被害者は、自分が悪人で無かったなら、神に救われて、誰よりも快適な天国へ行けるのさ。当たり前だろ!

7:匿名 2019年10月3日 22:12 | 返信

信号という信号に皆かかるが無い

6:匿名 2019年10月3日 18:25 | 返信

脳梗塞の初期症状

5:匿名 2019年10月3日 17:13 | 返信

アフリカじゃ カバやサイに蹴られて死ぬ人が多いそうだ。2トン車が時速60キロでいきなりぶつかれば即死だろう。サイ に蹴られてサイキック攻撃。なんちゃって!

4:匿名 2019年10月3日 15:03 | 返信

鬱病も統合失調症も発達障害も存在しない
ただ症状だけはある

3:匿名 2019年10月3日 13:27 | 返信

鬱病ですよこれ。

2:匿名 2019年10月3日 11:39 | 返信

しんじ、サイキックとかテレパシーって本当にあるの?

1:匿名 2019年10月3日 11:24 | 返信

発達障害者はサイキック攻撃を受けていた…?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。