目ヂカラで人を殺害する「邪視」の呪いとは!? 世界中に存在する“睨んで呪う”能力の謎!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

,

 直接手を下すことはできないものの、絶対に許せないと思う相手に一撃を加えたいと考えた時、まず、我々の多くは悪意のこもった眼差しを向けるのではないだろうか。この邪悪な意図を持った視線は“邪視(じゃし)”と呼ばれ、世界中の文化で共有されているユニバーサルな“超能力”である。

■世界各地に“睨んで呪う”民間伝承

“目ヂカラ”が強いとか“目が死んでいる”などとよく言うが、やはり視線にはレーザービームのような神秘的な力が備わっているのだろうか。

 世界各地の文化で、古来から“目ヂカラ”の存在が語り継がれている。しかもそれはポジティブなものというよりも、相手を呪ったりダメージを与えるために睨みつける邪視(evil eye)がその土地土地で伝承されているのだ。ちなみに「evil eye」を「邪視」と訳したのは希代の博物学者である南方熊楠(1867-1941)である。

目ヂカラで人を殺害する「邪視」の呪いとは!? 世界中に存在する睨んで呪う能力の謎!の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 もちろん邪視の呼び方は世界各地でさまざまだが、その意味するところはシンプルで、“睨んで呪う”ことだ。しかしその“呪い”の程度はいろいろあり、軽い不快を感じさせるものから、不運を与え繰り返させることや、病気の発症、さらには死に至らしめる効果までがあるとされる。

 呪いは通常、かけられた人物はその時点ではまったく気づいておらず、悪い影響が何度か出始めてから人によって呪われたことに気づくということだ。また一部の文化では、呪いの言葉を投げかけて邪視と同じ効果を及ぼすパターンもある。また鏡の前の自分にポジティブな自己暗示をかけることに使われることもある。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ