“目ヂカラ”で人を殺害する「邪視」の呪いとは!? 世界中に存在する“睨んで呪う”能力の謎!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 さらにある文化では、これといった悪意を持たずに相手に邪視を投げかけて呪ってしまう場合は、自身がすでに呪われているからなのだという解釈が与えられている。また成功した相手などへの“羨望の眼差し”がこの邪視を引き起こしているという説明もあるようだ。

 古代ギリシアの作家、エメサのヘリオドロスもまた“羨望の眼差し”がもたらすネガティブな影響について解説している。

「誰もが羨望する優れた人物を見る時、人は周囲の空気を有害なものにし、そして最も近くにいる者に不快なため息を送ります」(エメサのヘリオドロス)

 我々が他者を見る目は古来から何かとシビアで嫉妬深いものであり、場合によっては“目ヂカラ”で呪い殺すことすら意図されているのだとすれば危険この上ない“超能力”だ。

「Mysterious Universe」の記事より

 

■邪視の不意打ちから身を守る“お守り”

『プルタルコス英雄伝』で有名なローマ帝政時代のギリシア人著述家プルタルコスは、邪視は、目から発することができる見えない“光線”の作用であり、そして十分に強力であるならば、人を殺すことさえできると説明している。そして興味深いことに、瞳がブルーまたはグリーンの目をした人々が邪視に熟達していると言及している。地中海やエーゲ海の地域では青や緑の目の人間は稀で、それ故、より“邪悪”であると考えられていたようだ。

 同じく帝政ローマの博物学者、ガイウス・プリニウス・セクンドゥスたちもまた邪眼について言及しており、特にアフリカ人がその技に熟練していて、「目で魅了する力を有し、視線を定めることで人を殺すことさえできる」と自著に記している。

「Mysterious Universe」の記事より

 このように危険過ぎる邪視なのだが、その認識が高まるほどに自ずから防衛策も講じられてくる。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年5月13日 18:06 | 返信

 目には魂(の強さ)がまんま反映されてるから、【このゲス野郎】って激しくキレた瞬間その相手に飛ぶんだよね。
 生霊と似てるとこあるかな。
 しかもこれ、ネットの動画からでも見てる側が送れるから、不審死したようつberはモロこれにやられたんだと思う。
 動画だけじゃなく写真からでも送れるから油断はできない。
 リアルタイムに更新される顔写真なんか特に!

 まぁ~
 今の時代こそ霊感なく邪眼も信じない人の方が、ネット通じて世界中から集まる邪眼を弾く確率高くていいかもね。
 これに対して、全く表看板掲げて出て来ない能力者(←魂のパワーが規格外のレベル)は、普段から周囲に気配しててしょっちゅう意識的に弾き飛ばしてるというが、ホントのとこはわからん。
 でもしょっちゅう気配弾くのも厄介そうだな~寝てる時どうしてるか知りたいとこだなぁ

3:匿名 2019年4月11日 06:26 | 返信

邪眼の力をナメるなよ‼️

2:トランプ大統領 2019年4月10日 18:01 | 返信

目力と聞くと、トカナだろう。
プロビデンスの目あるじゃないか。
私の場合は日光の眠り猫だ。猫の目が覚めた事は破壊神の復活を意味している。
にゃんこの目を見れば誰もが命令に従うしかない。これはギアスの能力である。

1:匿名 2019年4月10日 13:02 | 返信

ある日のことだった。
私の友人が少し離れたところから、私をジッと睨みつけているように見えた。
 
目が合った彼女は睨むような目つきのままこっちへ歩いてきた。
そして、睨むのをやめて、いつもの彼女の顔で私に話しかけてきた。
「あぁ、やっぱり。・・・こんにちは。どこ行くの?」
私は背筋に冷たいものを感じながら「ちょっと、買い物に・・」と返事した。

「私も買い物に付き合うわ。いいでしょ?」
同行したがる彼女。
なにか悪い予感がする。
私は彼女に何をしてしまったのだろう?わからない。心当たりがない。
 
私は、迫り来る恐怖にいたたまれず思わず彼女を問い詰めてしまった。
「なにか、問題でもあるの?」

彼女は私の口調に少し驚いたようだったが、すぐに返事を返してきた。
「よくわかったわね。・・・・
 
さっきコンタクトを落としてしまって、新しいのを買いに行こうと思っていたの。ちょうどいいわ。一緒に行っていい?」
 
私は、彼女の睨むような目つきの原因を勘違いしていたようだった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。