墜落したUFO内部に潜入、エイリアンの遺体に触った男! 体にヤバすぎる異変… エンリケ・ボッタ事件とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

 超常現象の解明でも犯罪捜査でも、目撃者が信用に値するかは調査の基礎となる重要ポイントだ。とりわけ超常現象の研究においては、社会的な信用があって、見てもいないUFOを見たと嘘をつくタイプではない人物の証言は大変貴重である。

 エンリケ・カロテヌート・ボッタはそのような「無視できない目撃者」の一人だ。彼は元パイロットの建築技師で、博士号も持つ、周囲からも非常に評判の良い人物であった。だが彼の体験はなかなかに強烈だ。なにしろ、墜落したUFOを発見、内部に潜入してエイリアンの遺体を目撃したというのだから——。

墜落したUFO内部に潜入、エイリアンの遺体に触った男! 体にヤバすぎる異変… エンリケ・ボッタ事件とは!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

■道路脇の謎の残骸

 1950年、ボッタ(当時40歳)が大規模な建築プロジェクトの仕事で、南米アルゼンチンに滞在していた時のことだ。大西洋沿岸のバイアブランカという町のホテルから120キロほど離れた高速道路上を自動車で走行中、ボッタは道路沿いの草原に金属でできた円盤状の物体があることに気付いた。

 未知の物体に興味を持ったボッタは、近くに車を止めてしばらく観察することに決めた。物体に動きがないことを確認すると、彼は車を降りて物体に歩み寄った。表面に触れると、金属製のように見えるのにゴムのような感触があったという。出入口らしき開口部があったので、ボッタはその中に入ってみることにした。

■3体の小さな生物

 内部はドーム型になっており、床には通気口らしき穴も空いていた。最初、天井に赤く点滅するライトがある以外、室内には何もないように見えたという。だが、ボッタがさらに内部に踏み込むと、そこには4つの座席があった。そのうち3席では、灰色のぴったりしたつなぎの服を着た、身長3フィート(およそ90センチ)ほどの小さな生物が死んでいた。座席の正面にはライトやゲージ、メーター、そして回転する透明な球体があり、この物体のコントロールパネルのように思われた。

 遺体は墜落のショックで亡くなったように見受けられた。ボッタは好奇心に逆らえず、3体の遺体の一つにそっと手を触れてみた。それは硬くて焦げたような感触で、よほどぞっとしたのだろうか、ボッタは急いで外に出て、車で滞在先のホテルに急いだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年10月3日 15:15 | 返信

ナイアシン?
ナイアシンを多量に摂取するとこういう症状が出るよね
それと似たような状態ということかな?

1:匿名 2019年10月3日 05:50 | 返信

なっなんだってー!!!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。