超怖い現代のゴーストタウン「田浦廃村」に潜入!ビビって足がすくむレベル、殺せの張り紙…横須賀の廃村を村田らむがルポ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とするルポライター村田らむが寄稿!

 どんな観光地もいつかはなくなってしまう。このご時世だ。人気がなければサクッと閉館されてしまうし、たとえ人気があっても地震や火事であっさりなくなることもある。場合によってはテロリストが嫌がらせで爆破する、なんてこともある。

 そもそも本来は観光地ではない廃墟や廃村などは、よりアッサリと消滅する。

「ああ、コノ場所。いつか行ってみたいなあ……」

 なんて言ってる間はないのだ。

 そんな今はもうなくなってしまった場所を紹介するシリーズ。今回は、もうすでになくなってしまった廃村を紹介したい。

 僕が2015年に訪れた場所は、神奈川県横須賀市田浦町にあった通称『田浦廃村』である。

 経験から言うと、廃村があるのは非常に僻地である場合が多い。都市から遠く離れた山中にあり、途中からは自動車が走れない道を40分歩いてやっとたどり着いた……例えばそんな場所が多い。

 しかし『田浦廃村』があるのは田舎ではない。まず歩いて15分の場所に田浦駅がある。港には海上自衛隊の施設をはじめ様々な施設があり、山側は住宅街として整備されたくさんの一戸建てが並んでいる。いわゆる閑静な住宅街である。もちろん学校もあれば、商業施設もある。

 歩いていける場所にコンビニがある廃村というのは、とてもレアだ。

 街中から歩いて、廃村に向かった。

 住宅地を『田浦廃村』がある方向に抜けると、横須賀線の小さな踏切があった。

超怖い現代のゴーストタウン「田浦廃村」に潜入!ビビって足がすくむレベル、殺せの張り紙…横須賀の廃村を村田らむがルポ!の画像1

 踏切を渡るとすっと雰囲気が荒んだ。

 道の端に、カビが生えて黒くなった看板が張り出されている。

『田浦町4丁目B急傾斜地崩壊危険区域』

 と書かれていて、地図に赤ペンで数字がふられていた。

超怖い現代のゴーストタウン「田浦廃村」に潜入!ビビって足がすくむレベル、殺せの張り紙…横須賀の廃村を村田らむがルポ!の画像2

 地図の意味はよくわからなかったが、とにかく『ココが危険な場所である』ということだけは分かる。

 そしてもうしばらく進むと、左に鉄骨が組み合わさって出来た施設が現れた。そこは『田浦変電所』だった。

超怖い現代のゴーストタウン「田浦廃村」に潜入!ビビって足がすくむレベル、殺せの張り紙…横須賀の廃村を村田らむがルポ!の画像3

 ここは生きている施設だったのだが、禍々しさを感じるほど巨大だった。僕は、廃村の近くにこんな施設があると知らなかったので、ビビって足がすくんでしまった

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年10月6日 10:06 | 返信

急傾斜地崩壊危険区域の意味
作った当時は規制が無かった、もしくは調査や規制が緩くてこの地域を開発出来た
土地開発、傾斜、盛り土、地質調査と地形調査(地震や大雨での土砂崩れの想定)などの新基準が出来て、「この土地が危険です」と判断された
記事に「住むのに適さない」という意味を書けばいいのですよ。

1:アノニマス 2019年10月3日 16:15 | 返信

山奥の集落みたいだ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。