「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

関連キーワード:

,

,

,

,

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!の画像2
画像は「Getty Images」より引用


 知美さんの父は日本の一流企業で高いポジションに就いていたようである。ソウルの支社でも、いい給料を貰っていたと思われる。

 彼が知美さんたち3人をソウルのマンションに呼び寄せてから2、3カ月が経ったある日、自宅に無言電話がかかってきた。

 知美さんが受話器を取ると、電話の向こうの相手は、ただ沈黙していた。そこで困惑しながら「ずっと黙ってる」と母に受話器を渡したところ、間髪入れず、

「別れるつもりはありません! 別れるつもりは、ありませんから!」

 と、いきなり母が厳しい口調で受話器に向かって繰り返した。

 その後すぐに電話は切られたようだった。

 母には、無言電話をかけてきたのが誰か、あらかじめわかっていたのだと思った。

「今の電話、誰からなの?」

 知美さんがそう訊ねると、母は氷のような声で答えた。

「愛人」と。

 知美さんは最初、《愛人》という名前か職業の人がいるのかと思っていた。彼女は、恋愛や性については10歳にしても無知な方だったのだ。

 しかし、無言電話はそれから毎日のようにかかってくるようになり、その度に母が情緒不安定に陥って、子どもの前では口にすべきでない言葉を口走って《愛人》を罵りはじめたので、徐々にその意味するところを察するようになった。

 ――父には、母以外に恋人がいるのだ。

 そのうち、母は電話が鳴るたびに「ちょうちょ、ちょうちょ」と歌い出したかと思うと、「一緒に死のう!」と叫んで知美さんの首を絞めるといった奇行を示すようになった。

 そうかと思えば、急に各種の習い事を始めた。テニススクール、手毬作り、刺繍、料理教室……。

 父はもともと滅多に帰宅しない。そのうえ母までも留守がちになり、マンションの室内が急速に荒んできた。

人気連載
奇習! 雛人形の代わりに全裸の女児を並べて“発育確認”…! 西日本の寒村で行われた珍妙な「桃の節句」

奇習! 雛人形の代わりに全裸の女児を並べて“発育確認”…! 西日本の寒村で行われた珍妙な「桃の節句」

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  一般に「桃の節句」...

人気連載
「あなたの隠れた本性」が丸裸に! 的中占い師Love Me Doの“心をエグる4択占い”が当たる!

「あなたの隠れた本性」が丸裸に! 的中占い師Love Me Doの“心をエグる4択占い”が当たる!

■あなたの本性 「あなたが知らない場所で、道に迷ったとし...

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。