【イスラム教徒と風俗】日本のソープランド利用巡る激論がヤバイ!神の目を盗んで…ムスリムパトロールも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 9月上旬、東京・吉原にあるソープランド街で数名の中東系外国人4名が激しい言い争いになり、警察が出動する騒ぎになったという。男同士が突き飛ばし合い、 目撃した通行人が通報したもの。幸い強い暴力行為はなく刑事事件にはならなかったが、警察官が英語の通訳を入れて事情を聞いたところ、うち2名が風俗店で遊んでいたことを、知人である他の2名が止めに行ったのだという。

イスラムの教えでは婚外セックスは許されない」というのが後者の言い分だが、言われた方は「いや、セックスする権利はある。伝統的に妻とのセックスだけが合法とされているだけ」と反論。議論 は聖典「コーラン」の解釈に移り、風俗遊びをした側は「そこには 『自らの陰部を守るが、配偶者と右手で所有するものは例外』 とある。この右手というのは『自分の手で獲得した女』を指す。戦 争で女を奪う時代は終わったが、金で買えるなら右手で奪うという 意味になる」と主張した。しかし、待ったをかけた側は「夫婦間のセックスこそ人生最大の喜びと説かれているのだから、それを邪魔するセックスは許されないじゃないか」と反論していたという。

「私はイスラム教が分からないし、どっちの味方をするわけにもい かないから、なだめるのが大変でしたよ」と対応した警察官は困惑のエピソードを打ち明けてくれたが、もしかすると、今後こうした 争いが日本国内で増えていくかもしれない。

 なにしろ日本への難民申請は年々増加し、約2万人に達した17年に過去最高を記録。しかし、これはG7諸国の中で日本の難民認定 率は最低の部類で、紛争や迫害などで国を追われた難民は世界に約 7千万人もいるため、 国際社会で受け入れを求める声は強くなっている。国内では移民の 増加に不安が強く、特にイスラム教徒などには偏見もあって、中東 出身だというだけで「テロリストなのでは」と見る人さえいるが、 政府は4月、新たな在留資格「特定技能制度」の運用で外国人労働者による人手不足の解消に動いている。

コメント

4:匿名 2019年11月1日 10:46 | 返信

ベッドの中では過激派に笑ったww
別に個人的には移民に差別意識はないから、シリアから積極的に受け入れても良いんじゃないかな?って思う
でも、それで北朝鮮や韓国からの密入国者が増えたら問題になるから難しいよね

3:匿名 2019年10月30日 08:43 | 返信

半角スペースはさむの、なんなんだろか

2:匿名 2019年10月29日 15:53 | 返信

西側帝国主義者がサイクス ピコ協定以降の飼い犬になったアラブの王族たちはムスリムの教えなどカタチばかりラマダンの時期も海外へ視察と称し酒、女と好き放題やっていた。戒律は王国内の反乱暴徒を抑制する為に利用された。独立したとは言え中身はイギリスやフランス、アメリカなど旧宗主国の影響力は恣意的に残され石油の発見は飼い犬の王族たちに身分と財産を保障し国内では宗教に基づく戒律で国民を縛り、体制の維持に腐心するってのが真実。中東の人間=テロリストのタグを広めたのはアメリカメディアや広告代理店が自分たちの飼い主、帝国主義者を守る為に広めたフェイク。真実は世界最大のテロ国家 アメリカ合衆国を守る為に。

1:匿名 2019年10月29日 12:56 | 返信

風俗店前で宗教論争してるの想像するとちょっとおもしろいな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。