日本のソープランド利用巡る激論がヤバイ!神の目を盗んで…ムスリムパトロールも!?【イスラム教徒と風俗】

【イスラム教徒と風俗】日本のソープランド利用巡る激論がヤバイ!神の目を盗んで…ムスリムパトロールも!?の画像1

 9月上旬、東京・吉原にあるソープランド街で数名の中東系外国人4名が激しい言い争いになり、警察が出動する騒ぎになったという。男同士が突き飛ばし合い、 目撃した通行人が通報したもの。幸い強い暴力行為はなく刑事事件にはならなかったが、警察官が英語の通訳を入れて事情を聞いたところ、うち2名が風俗店で遊んでいたことを、知人である他の2名が止めに行ったのだという。

イスラムの教えでは婚外セックスは許されない」というのが後者の言い分だが、言われた方は「いや、セックスする権利はある。伝統的に妻とのセックスだけが合法とされているだけ」と反論。議論 は聖典「コーラン」の解釈に移り、風俗遊びをした側は「そこには 『自らの陰部を守るが、配偶者と右手で所有するものは例外』 とある。この右手というのは『自分の手で獲得した女』を指す。戦 争で女を奪う時代は終わったが、金で買えるなら右手で奪うという 意味になる」と主張した。しかし、待ったをかけた側は「夫婦間のセックスこそ人生最大の喜びと説かれているのだから、それを邪魔するセックスは許されないじゃないか」と反論していたという。

「私はイスラム教が分からないし、どっちの味方をするわけにもい かないから、なだめるのが大変でしたよ」と対応した警察官は困惑のエピソードを打ち明けてくれたが、もしかすると、今後こうした 争いが日本国内で増えていくかもしれない。

 なにしろ日本への難民申請は年々増加し、約2万人に達した17年に過去最高を記録。しかし、これはG7諸国の中で日本の難民認定 率は最低の部類で、紛争や迫害などで国を追われた難民は世界に約 7千万人もいるため、 国際社会で受け入れを求める声は強くなっている。国内では移民の 増加に不安が強く、特にイスラム教徒などには偏見もあって、中東 出身だというだけで「テロリストなのでは」と見る人さえいるが、 政府は4月、新たな在留資格「特定技能制度」の運用で外国人労働者による人手不足の解消に動いている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ