「私は死ぬのではない、変容するのだ」世界初、真のサイボーグ誕生へ! ALSの医師が名乗り出る…人体Ver2.0に!

 今後、モーガンさんは身体部位のみならず脳のサイボーグ化も視野に入れているという。脳や人格を電動化するというのだ。

 モーガンさんがここまでサイボーグ化にこだわるのには理由がある。本来ならば運動ニューロン病の患者にこうした身体改造を施すことは危険だそうだ。しかし、モーガンさんはただ生き延びるだけでなく、“成長”していきたいのだという。

【速報】「私は死ぬのではない、変容するのだ」世界初、真のサイボーグ誕生へ! ALSの医師が名乗り出る…人体Ver2.0に!の画像3
画像は「Daily Mail」より

「運動ニューロン病は私をちっとも挫けさせていません。(体が完全に麻痺した)閉じ込め症候群に陥っても、私はめげないでしょう。あらゆる困難を抱えた運動ニューロン病の患者がいずれ肉体の拘束から自由になり、私と同じ道を歩んでくれると思います。そして、我々は何年も何年も力強く立ち続けるでしょう。我々は“ただ生きる”ことを拒絶し、成長することを選んだのです」(モーガンさん)

 難病に真向から立ち向かっていくモーガンさんは、運動ニューロン病患者の希望となっていくことだろう。今後のさらなる進化に期待したい。

参考:「Daily Mail」、ほか

編集部

コメント

3:匿名 2019年10月18日 23:59 | 返信

「古いタイプのサイボーグではない」言うてるけど昭和うまれのサイボーグ007などよりもっと古くないですか?

2:匿名 2019年10月16日 08:58 | 返信

吊吊吊吊 < we are the robot♪

1:聖帝 2019年10月16日 01:30 | 返信

現時点でのサイボーグ化は無理だな。まずはサイコガンを装備してくれ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。