5G基地局近くで鳥が次々と突然死するショック映像! やはり電磁波の影響は未知数、世界の識者が危惧する実態を知れ!=英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

5G基地局近くで鳥が次々と突然死するショック映像! やはり電磁波の影響は未知数、世界の識者が危惧する実態を知れ!=英の画像3
画像は「getty images」より

 ただし、今回の鳥の突然死に疑問の声もあがっている。というのも、コヴェントリーで5Gの運用が始まったのは今月11日だが、ブラウンさんが動画を撮影したのは今月7日だからだ。そのため、死亡した鳥は窓ガラスにぶつかって死んだのではないかと指摘されている。しかし、ブラウンさんは窓にぶつかった様子はなかったと振り返っている。

 運用開始前に通信テストを行っていた可能性もあるが、現時点では確かな情報が明らかになっていない。ただ、もし通信テストを行っていたとしても、そのことが公表されることはないだろう。マイクロソフト・カナダ元社長のクレッグ氏が指摘しているように、通信業界にとって不都合な事実は隠ぺいされるからだ。

 クレッグ氏が言うように、5Gの健康への影響は十分に研究されていない。環境・動植物への影響も未知数だ。2020年に日本でも5Gの運用が開始されるが、政府は国民に向かって5Gが本当に安全だと胸を張って言い切ることはできるのだろうか?

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

関連キーワード

コメント

2:EDM懐古主義者 2019年10月21日 01:35 | 返信

5Gや6Gは巨大な神通力です。
いいですか?巨大なブッダが生まれようとしているのです。名付けるなら『ジャイアント・シャカ』。
または『イエス・タイタニック』。
または『ペルグランデ・アッラー』等でしょうか。
恐怖感を覚えるのは当然ですよ。
僕がこの事に気づいたのは、2008年の運動会に良く使うコーンの包装に使うビニールの原料となる
フッ素樹脂が1938年 米国デュポン社のR.J.プランケット博士により発見された事からはじまり、わが国に初めて紹介されたのは1950年の事です。

1:匿名 2019年10月18日 13:30 | 返信

鳥インフルエンザ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。