【未解決事件】歴史上最も忌まわしい事件「タマム・シュッド事件」に新展開! 2%の歯と耳、謎の暗号…遂に身元判明か!?

 ロビンがサマートン・マンの息子であるという推測には一つの証拠がある。サマートン・マンの歯と耳には人口のわずか2%にしか存在しない特徴があり、ロビンにもそれらがはっきりと表れていたのである。

【未解決事件】歴史上最も忌まわしい事件「タマム・シュッド事件」に新展開! 2%の歯と耳、謎の暗号…遂に身元判明か!?の画像4
サマートン・マンとロビン。耳の付け根に注目。画像は「ABC」より引用

 そうなると当然、デレクさんはロビンの行方を捜したのだが、残念ながら彼もまた2009年に亡くなっていたのである。そして、ロビンとその妻ローマ・イーガンの間に生まれた娘・レイチェルさんの元を訪れたデレクさんは、出会ってすぐに彼女と結婚することを決めた。今では3人の子供もいる。

「デレクはDNA目当てで私と結婚したんだって皆が言います」レイチェルさんは「ABC」の取材に対し、そう冗談めかして笑う。最初に会った時、デレクさんは彼女の耳と歯に異常な興味を示したというが、彼女には父のような耳と歯の特徴は表れていない。また、夫との出会いのきっかけである仮説に対しても、非常に冷静な見方をしている。

「サマートン・マンが私の祖父であるというデレクの仮説には完全な証拠はなく、事実ではないかもしれません」(レイチェルさん)

【未解決事件】歴史上最も忌まわしい事件「タマム・シュッド事件」に新展開! 2%の歯と耳、謎の暗号…遂に身元判明か!?の画像5
画像は「ABC」より引用

 デレクさんが主導するサマートン・マン発掘プロジェクトは、現在調査にかかる費用約2万ドルを調達中であるという。オーストラリア史上に残るミステリーがついに解明されるのか、その行方に世界が注目している。

参考:「ABC」「Mirror」ほか

編集部

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...