「ヒトラーは“治療”で怪物になった」心理学者がナチス誕生の謎を解明へ! 世界を狂わせた医師と預言者とは?

「ハヌッセンは催眠術を使って、ヒトラーの神コンプレックスを強化しました。また、自己催眠の方法も教え、すぐにトランス状態に入れるようにしたのです」(ルイス氏)

 ヒトラーの代名詞にもなっているあの熱狂的な演説は、自己催眠がもたらした神がかり的なパフォーマンスだったようだ。ハヌッセンとの出会いにより、自分の“使命”に揺るぎない自信を持ったヒトラーは、歴史的大虐殺を繰り返していくことになる……。

「ヒトラーは治療で怪物になった」心理学者がナチス誕生の謎を解明へ! 世界を狂わせた医師と預言者とは?の画像3
ハヌッセン。画像は「Daily Star」より

「ドイツを変革するという彼の神的な使命は視力を回復するために行われた催眠療法の意図できなかった結果です。ヒトラーは大衆の前であれほど確固とし、ロボット的なとも言えるような身振り手振りで叫び、人々を熱狂させ、殺人機械にしてしまった。どうして一人の人間にこんなことができたのでしょうか? それは結局、催眠術のせいなんです」(ルイス氏)

 歴史の偶然と言ってしまえばそれまでだが、もしヒトラーがフォルスターやハヌッセンと出会っていなければ、20世紀の歴史は大きく変わっていたかもしれない。

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ