「ヒトラーは“治療”で怪物になった」心理学者がナチス誕生の謎を解明へ! 世界を狂わせた医師と預言者とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
「ヒトラーは治療で怪物になった」心理学者がナチス誕生の謎を解明へ! 世界を狂わせた医師と預言者とは?の画像1
画像は「Daily Star」より

 独裁者アドルフ・ヒトラーの人生は謎に満ちている。現在のオーストリア・リンツに生まれ、画家を志して18歳でウィーン美術アカデミーを受験するも2度も失敗。その後、第一次世界大戦に駆り出された後、あれよあれよという間にドイツ労働者党(ナチ党)で権力を握っていった。人生の落伍者であったヒトラーがなぜドイツの全権力を掌握するに至ったかは歴史の大きなミステリーだ。

 この度、そんなミステリーに一石を投じる仮説が飛び出した。ヒトラーを変えてしまったのは、“治療”によるものだったというのだ。英紙「Daily Star」(10月27日付)が報じている。

 神経心理学者デイヴィッド・ルイス氏は、新著「Triumph of the Will?」において、心理学者エドムント・フォルスターと自称預言者のエリック・ヤン・ハヌッセンがヒトラーを怪物に変えてしまったと主張したという。

「フォルスターの最初の治療、それに続くハヌッセンの“セラピー”が怪物を生み出した可能性は否定できません」(ルイス氏)

 1918年、ヒトラーは砲弾ショックとマスタードガスによる一時的失明で病院に入院した。その時に治療にあたったのがフォルスターとハヌッセンだ。ヒトラーの失明は心理的なものだと診断され、その証拠にアンタンテでのドイツ軍敗北の報せを聞いたヒトラーは病状を悪化させたという。ファルスターはヒトラーをヒステリーだとし、催眠療法での治療を試みた。

「ヒトラーは治療で怪物になった」心理学者がナチス誕生の謎を解明へ! 世界を狂わせた医師と預言者とは?の画像2
フォルスター。画像は「Daily Star」より

 そして、フォルスターはヒトラーの中に芽生えていた「神コンプレックス」を利用することで、失明を治したのだ。フォルスターの記録によると、ヒトラーは神を演じることで、確かに視力を回復したという。

 悪いことに、この治癒経験により、ヒトラーは「自分が超自然的な力によって導かれている」という妄想にとりつかれるようになった可能性があるという。

 退院後、ヒトラーはナチスの前身となる政治グループに参加し、めきめきと頭角を現していくが、1930年ごろにハヌッセンと出会ったようだ。

コメント

4:匿名 2019年10月30日 12:29 | 返信

日本で心理学や精神医学と呼ばれる嘘中の嘘学問が流行るきっかけとなった背景にはもちろん精神医学業界がいるのは間違いないのだけど、別の所では某東大卒の知る人ぞ知る覚せい剤でも昔捕まったフリーライターのキチガイジャンキーが精神医学を流行らせる一端を担ったことを忘れてはならない。
こいつに騙された人間は日本では数多い。こいつのせいで命を失った者さえいる、某XJAPANの人もそう。
少なくとも気の狂った患者だらけにした罪は非常に重い!

3:匿名 2019年10月30日 09:21 | 返信

これは昔から知る人ぞ知る経緯だよね
でもヤブ精神医療で狂わされた人間が時代に大きな影響を与える指導者になってしまうんだから、「正気なりては大業ならず」を証明したともいえるね

2:トランプ大統領 2019年10月30日 02:03 | 返信

ヒトラーがおかしいというならば、それを支持した人が大勢いたのも、おかしいと言えるだろう。
二代目ヒトラーとして、俺も治療で強くなれるんではないかと思う!
せめて宇宙人のインプラントを取り外さないと頭がおかしいままだ。
遺伝子操作までされているらしいし
チョンの嫉妬か陰謀によってバットで右目を殴られて片目を潰されたので
全部元に戻してもらいたいものだ。
柳生三厳か伊達政宗じゃないんだから、もしかしてオーディンか?
魔法使いで戦争と死の神であるオーディンにされてしまったとしか思えん。
いや、ロキでもあるだろうな。
日本人から金髪碧眼美少女ターニャちゃんにされてしまったし
ありふれた職業で世界最強の南雲ハジメのように
狂った神であるチョンをぶっ殺して元の世界に帰らないといけない。
そして、俺の完全体クローンを作って独立国家を作り、人間が出来ないことをして驚かせてやる。
ヒトラーもヒロヒトラーも同一の存在であって、チョンに唯一神又吉イエスと言われているのだから、本当に神であることは間違いない。ここ日本はスバル君の私物であって、シナ人に本物の日本人だと認定されているので言っていることは正しいはずだ。

1:匿名 2019年10月30日 00:00 | 返信

歴史を追えば誰でもわかる話だけど、心理学や精神医学と呼ばれる学問は大昔からこの記事のように狂ったことしかしていない。(ロボトミーなどで検索)
それが90年代辺りからポップな印象を持たせる作戦に出て「誰でも精神病になるのだから病院に来て薬を飲んで治そう」という風潮に変わった。
それが功を奏して世の中は患者だらけになったんだけど、、
それがプラスかマイナスかは長期間薬を飲んでる患者を見るなら一目瞭然だ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。