『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は予言映画、内容が次々現実に…監督がインタビューで暴露! 自身がレプティリアンだと告白も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は予言映画、内容が次々現実に…監督がインタビューで暴露! 自身がレプティリアンだと告白も!?の画像1

 この夏、オカルト界騒然の超注目映画『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』。7月12日の公開に先駆けて、ティモ・ヴオレンソラ監督がプロモーション来日を果たした。先月末に開催されたジャパンプレミア試写会では、同監督が登壇するとともに撮影会やファンミーティング(サイン会)も実施されるなど、今やファンたちの盛り上がりは絶頂に達している。

 前作の『アイアン・スカイ』では、月の裏側に基地を建設したナチスが地球を侵略しにやって来るというブッ飛んだ設定が多くのファンを魅了。1億円ものカンパによって製作されたブラックユーモアたっぷりのトンデモSF映画として、業界でも異例のヒットを飛ばした。そして7年ぶりの続編となる今作では、なんと1.5億円もの大金が集まり、スケールからアクションまで何もかもが異次元のパワーアップを遂げている。

 出演者も新鋭女優ララ・ロッシをはじめ、ユリア・ディーツェ、ウド・キアら豪華キャストが集結。しかも今作では、ヒトラー以外にもサッチャー、プーチン、チンギス・ハーン、ローマ法王、オサマ・ビンラディン、そしてスティーブ・ジョブズまでもが地球に総攻撃を仕掛ける“人類の敵”として登場するという。

 ナチス、UFO、地底世界、レプティリアン、月の謎、秘密結社……などなどオカルト愛好家が狂喜乱舞する要素がてんこ盛り。トカナ読者なら絶対に見逃せない空前絶後のトンデモSF超大作について、ヴオレンソラ監督自身が語ってくれた!

【ストーリー】
 2018年、人類は月面ナチスの侵略に勝利するも、自ら引き起こした核戦争で自滅し、地球は荒廃してしまった。それから30年後、残された人々はナチスが月面に作っていた基地に移住して生き延びていたがエネルギーが枯渇し、またも絶滅の危機を迎えていた。主人公オビは荒廃した地球の深部に新たなエネルギー源があることを知り、人類を救うため、誰も足を踏み入れたことのない“ロスト・ワールド”へと旅立つ。しかし、そこはヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。人類を滅亡させようと、奴らが恐竜とともに地底から攻めてくる!

■監督自身がレプティリアン!?

 フィンランド出身のティモ・ヴオレンソラ監督は、有名ブラックメタルバンドのボーカルでもある。身長2m、腕にはガッツリとタトゥーが入り一見するとヤバそうな風貌ではあるが、目元は優しく笑顔もチャーミングで、実際にはフレンドリーなナイスガイである。

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は予言映画、内容が次々現実に…監督がインタビューで暴露! 自身がレプティリアンだと告白も!?の画像2
ティモ・ヴオレンソラ監督

――ズバリお尋ねします。今回の映画にはたくさんのレプティリアンが登場しますが、その理由は、監督ご自身がレプティリアンだからではないのでしょうか?

ヴオレンソラ監督  あははは! もし僕がレプティリアンだったら真っ向から否定するはずですよね。……でも、あ、皮膚が!(と言って顔を触るヴオレンソラ監督)

――どうやら若干シェイプシフトしているようですね(笑)。

ヴオレンソラ監督  ちょっとヤバそうだったら言って下さいね。元に戻しますので。

――本作には、歴史上の有名人も多数登場しますよね。サッチャー、プーチン、ローマ法王、そしてスティーブ・ジョブズなど……彼らも皆レプティリアンという設定ですが、それは監督の想像でしょうか? それとも、何らかの情報に基づく設定なのでしょうか?

ヴオレンソラ監督  自分が手にできる情報を頼りに考えていくと、やはり彼らはレプティリアンだと思います。

――間違いないと確信を得ている?

ヴオレンソラ監督  イギリス王室、ヒトラー、スターリン、近年ではザッカーバーグなど、これまで世界をコントロールして支配しようと試みてきた人々は大体レプティリアンだという説が、僕的にはしっくりハマるんです。映画に登場した以外にも、たくさんのレプティリアンのメンバーがいるでしょう。彼らは古代エジプトの時代から存在していたはずだと思っているので。

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は予言映画、内容が次々現実に…監督がインタビューで暴露! 自身がレプティリアンだと告白も!?の画像3
(C)2019 Iron Sky Universe, 27 Fiims Production, Potemkino. All rights reserved.

――もしかすると、そういった裏の情報を握っているイルミナティやフリーメイソンなどの秘密結社に知り合いがいるのですか?

ヴオレンソラ監督  もしそうであっても、「そうです」とは言えないですよ。(ニヤッと笑いながら手で三角形のフリーメイソンのシンボルを作る)

コメント

2:トランプ大統領 2019年7月6日 09:14 | 返信

前作は見たぞ。如何にもな映画だと思う。その続編か?
ウラジミール・プーチンはまだ死んでないが?入っているのか?どういうことだ?
グレゴリー・ラスプーチンではないのか?見てみないと分からん。
歴史上の人物が復活して地球に侵略するのは面白い。確かにスティーブ・ジョブズは私のキャラだ。最近死んだスティーブン・ホーキング博士は出てこないのかな?あれは面白キャラだろう?
そして私が入っていないのは戦争をしてノーベル平和賞を受賞していないからだろう!
安倍晋三と共に第3次世界大戦を引き起こして
神算な大量虐殺によってゴミ屑を減らし、少数民族を苦しめるもしくは日本に盾突く悪の政府を撃ち滅ぼし、邪神・天照大御神というチョンの陰謀を確実に阻止し平和にすることだ。
まぁ人間には理解できないだろうが事実で
ノーベル平和賞を受賞して最も偉大な政治家として未来永劫、教科書に載ること間違いない(笑)
その時には壁建設も推し進められてチョンの侵入を食い止めることが出来ているはずで、移民排斥し、極右の世界になっているはず。
出来れば本物の日本人・ユダヤ人だけの国を小笠原諸島に作りたい。
将来大きくなりそうで、人間と接触しないで住めそうな場所と言ったらここしかない。
人間では奴らに操られてしまうので宇宙人に興味を持てず、攻撃することも深く追求することも出来ないのだ。厳密に言ったら奴らの仲間だからな。
世界で唯一宇宙人の影響を受けない俺がクローンで独立することで奴らと戦うことが出来て、宇宙人情報も集められ公開出来るようになる。良いことしかない。戦争で勝つことを願うばかりだ。
当然、アイアンスカイの二作目を見に映画館に行くつもりだ。
トカナでも未来は恐竜の世界となっているなどと記事が出るのも繋がりがあって
私のキャラ設定がドラゴンの息子で恐竜をモチーフにされているらしいので間違いない。
世界征服計画は進んでいると思えるのである。
何といっても学生時代に世界征服の作品を提出し、先生に世界征服してくださいと言われたのだ。
もう、後戻りは出来ない!やるしかないだろう!
オカルトのためにも昭和天皇の意志も受け継いで世界征服だ!

1:匿名 2019年7月5日 00:40 | 返信

映画の告知だった(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。