米テキサスの夜空に“3つの直列怪光”出現、大ニュースに! 米軍極秘ハイブリッド航空機か、ヘビ型UFOと関連も… 学者もお手上げ!

「(米軍の)宇宙軍だ」
「とても興味深い。一体何なんだ?」
「エイリアンの活動は最近どんどん活発になってきている」
「照明弾だ」

米テキサスの夜空に3つの直列怪光出現、大ニュースに! 米軍極秘ハイブリッド航空機か、ヘビ型UFOと関連も… 学者もお手上げ!の画像2
画像は「YouTube」より

 最近になってアメリカ国内で目撃報告が相次いでいる“ヘビ型UFO”との関連を指摘する声もあるようだ。最も最近の目撃報告では、フロリダ州オーランドで、曇り空をゆっくりと移動している“ヘビ型UFO”がニュースになっている。

 米・アメリカン大学のマイケル・サラ助教授は「Daily Star」紙に対して、この“ヘビ型UFO”は米空軍が運用を開始している、陸海空ハイブリッド型航空機である可能性があると語っている。

 そしてトカナでもお伝えしたように、先月には同様の“ヘビ型UFO”がカリフォルニア州のモハーヴェ砂漠で目撃されて動画に収められている。動画を撮影した匿名のユーチューバーは、「それが何であるのか見当もつかない」とお手上げ状態だ。

 立て続けに目撃報告が続いた“ヘビ型UFO”について、UFO研究家のゲイリー・ヘーゼルタイン氏は「米政府はこうした“ヘビ型UFO”についてほぼすべて把握しており、静かにモニターを続けている」と主張している。

 今回の3つの怪光も実は1機の長い機体である“ヘビ型UFO”なのだろうか。はたして目撃が続くことになるのか気になるところだが、まずは続報を待ちたい。

参考:「Daily Star」、ほか

文=仲田しんじ

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

米テキサスの夜空に“3つの直列怪光”出現、大ニュースに! 米軍極秘ハイブリッド航空機か、ヘビ型UFOと関連も… 学者もお手上げ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで