【衝撃】カタールが暑すぎて街を丸ごと冷やす“エアコン”設置へ! 東京オリンピックのマラソン競技に朗報、東京開催を諦めるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 ここ数年来、世界的に殺人的な猛暑が避けられない事態を招いているが、スポーツが盛んな中東・カタールでは大胆な手段に打って出ることをアナウンスしている。都市をまるごとエアコンで冷やしてしまうというのだ。

■ドーハの街を丸ごと冷やす設備を導入

 アメリカ海洋大気庁(NDAA)によれば、2019年7月の世界平均気温は観測史上最も高かったという。地球温暖化の影響なのか、今後もさらなる過酷な猛暑が予想される中、中東・アラビア半島の国、カタールでは国家を挙げて暑さ対策に取り組んでいる。首都・ドーハを丸ごと冷やしてしまおうという計画が進められているのだ。

 先に開催された世界陸上ドーハ大会では、猛暑の中で行われたマラソンや競歩が史上最も過酷なレースであったと評され一部で問題視されたが、その一方、スタジアム内は冷房がよく効いており、選手にも観客にも快適な大会であったともいわれている。

【衝撃】カタールが暑すぎて街を丸ごと冷やすエアコン設置へ! 東京オリンピックのマラソン競技、東京開催に向けて朗報か!の画像1
「Daily Mail」の記事より

 とはいえ、たとえスタジアム内に冷房を効かせることができたにしても、あまりの酷暑であれば外出することもためらわれることになるだろう。

 そこでドーハでは、街全体をクールダウンする取り組みが着々と進められている。

 今や夏場の最高気温が46度にも達するというドーハでは現在、熱を反射して路面温度の上昇を防ぐ特殊な塗料によって、徐々に街の道路がブルーに塗装されている。ブルーという色自体もまた、黒に比べて熱を溜め込まない色であるということだ。このブルーの塗装によって路面温度を15度から20度、低下させることができるという。

【衝撃】カタールが暑すぎて街を丸ごと冷やすエアコン設置へ! 東京オリンピックのマラソン競技、東京開催に向けて朗報か!の画像2
「Daily Mail」の記事より

 路面塗装だけではない。ドーハでは道路に“エアコン”を導入する計画も進められている。パイプラインによって路肩に運ばれた冷水が冷却ノズルを通じて路上に冷気を送り込む設備が導入されるということだ。これによって通行者や買い物客が真夏でも暑さを恐れることなく外出できるようになるという。

 街を丸ごと冷やすという大胆過ぎる計画がどのような結実を見せるのか、注目している先進国の関係者は多いはずである。

コメント

8:匿名 2019年11月8日 08:41 | 返信

地下の温度は年中一定なので、地下に空洞を作ってその中を通した空気を建物に循環すると送風の電力のみで冷暖房が可能になるとTVで見たことがある。地下道でマラソンするか!?

7:匿名 2019年11月6日 06:05 | 返信

エアコンの室外機から出る熱風、あれを改善できればずいぶん街の猛暑もマシになるだろうにとよく思う。これ解決したらノーベル賞取れるんじゃない?

6:匿名 2019年11月5日 23:04 | 返信

これはもう原発しかないな。それも発送電なんてロスの大きい事してないで原発のタービンで直接コンプレッサー回さなきゃ

5:匿名 2019年11月5日 21:57 | 返信

しんじ
街が冷えるのと
オリンピックじゃ
どう考えても
オリンピックのが先だぞ

4:匿名 2019年11月5日 21:13 | 返信

諦めるな、て百合子に言うてんのかwww

3:匿名 2019年11月5日 19:44 | 返信

>東京開催を諦めるな!
札幌開催決定なのに今更何言ってんだ?
しんじ、しっかりしろ!寝言いってる場合じゃあないそ

2:匿名 2019年11月5日 15:53 | 返信

無駄、無駄、無駄

1:匿名 2019年11月5日 15:48 | 返信

ずいぶん前だけどこのネタ、虚構新聞で見た。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。