入院患者の尿が「完全に紫色」になった衝撃の理由とは!? 医師も驚愕、ヤバすぎて医学誌に報告される=仏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 フランスの病院から、入院中の女性患者の尿がラベンダーのような紫色に変色するという珍事が報告された。一体この患者に何が起きたのか? 科学ニュースサイト「Live Science」(10月31日付)が報じた。

画像は「Live Science」より引用

What Turned This Woman’s Pee a Striking Shade of Lilac? (Live Science)

 記事によると、紫色に変色したのは脳卒中で入院中の70歳の女性の尿だという。入院からおよそ10日後、尿道カテーテルを介して採尿バッグに溜まった尿が、突如として紫色に変わったのだという。その時の様子が写真に残されているが、採尿バッグもチューブもあざやかな紫色に染まっており、とても尿とは思えない色合いになっている。

 なんとも衝撃的な紫色の尿であるが、その原因はすでに判明している。微生物と必須アミノ酸の一つトリプトファンである。

 これは「紫色採尿バッグ症候群(Purple urine bag syndrome, PUBS)」と呼ばれており、1978年に初めて報告された、比較的稀な現象である。寝たきりの入院生活などによって慢性的な便秘かつ、尿管カテーテルの長期使用によって膀胱や尿管に感染症を起こした患者に発生する可能性があるという。

 紫色採尿バッグ症候群では、患者の体内や排出直後の尿は通常の黄色である。しかし、患者の腸内では便秘により微生物が異常繁殖し、食事に含まれて腸まで届いたトリプトファンを分解し、インドールという物質を生成されている。このインドールは肝臓でインドキシル硫酸(インディカン)に変えられ、尿に混じって排出されるのだが、このとき、膀胱や尿管に感染があると尿には微生物も混ざる。その中に、インディカンをインジゴレッド(赤)やインジゴブルー(青)といった色素に変えるような微生物が存在すると、今回のような紫色の尿になる……というわけだ。

 インディカンはジーンズの染色にも使われる藍色のインディゴ染料の前駆体でもあり、青や赤など様々な色素の元となることが知られている。採尿バッグがあのように鮮やかな紫になるのも納得である。自分や家族が入院して、もしあんな紫色の尿を見たらパニックを起こすことは間違いない。

 患者の女性は静脈からの水分補給を受け、幸いなことに数日後には症状が出なくなったという。今回の症例は世界的に高名な医学誌「The New England Journal of Medicine」に10月31日付で掲載された。尿管カテーテルを長期間使用する女性での報告が多いとされるが、男性での報告もあり、稀ではあるが誰にでも起こりうる症状なのかもしれない。まさに人体の神秘である。

参考:「Live Science」「The New England Journal of Medicine」ほか

編集部

コメント

4:匿名 2019年11月5日 07:47 | 返信

元医療&介護系の人間ですが、長期間管に繋がれ意識もない人間は同じ人間には見えませんでした。
私が同じ立場であれば治療を放棄しそれで死ぬようであれば致し方ないと思います。
しかしその状態では意識がないため遺言書などにしたため弁護士さんなどにお願いしとくしかないのでしょうね、法的な手続きのことは一つもわかりませんが、、

3:匿名 2019年11月5日 00:31 | 返信

総合病院勤務だけど、わりとよく見ます。
原因は様々だけど尿管入れておかないと、排尿出来ない方は多いので管理が難しいですよね。

2:匿名 2019年11月4日 23:04 | 返信

介護の仕事してますけど、二人くらいは見たことあります。ずっと、紫色だったわけでなく、一時的に紫色であっただけですが、尿の色が。
尿の色、というか、尿管入れてる人の尿ということなんでしょうか。
便秘が原因の場合もある、というのはネットで調べた上での情報で見たことあります。

1:某氏へのメッセージ:最近某氏のブログが危険サイトに指定されており、パソコンにウイルスソフトを入れているとブロックされブログやFacebookなどが見れません 2019年11月4日 13:28 | 返信

、、、

これは神秘的でもなんでもなくただの病気です。
長期間人体が管に繋がれていること事態が不自然です。
このレベルは私とてそうですし潔く治療を放棄するレベルです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。