JRAジャパンカップ「外国馬ゼロ」が意味する“誰も知らない”真実! 内部情報流出で業界関係者に激震!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
JRAジャパンカップ「外国馬ゼロ」が意味する誰も知らない真実! 内部情報流出で業界関係者に激震!の画像1
まさかの事件

■大ショック! 信じられない大事件で波乱の予感

 そのニュースが発表された時、関係者としては忸怩たる思いであっただろう。今週日曜日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(G1)。毎年海外の強豪馬が招かれ、日本のトップホースと対決するレースだ。昨年はアーモンドアイが世界レコードで圧勝し、日本馬の強さを見せつけた。今年もどんな強豪が来日し、どんなレース展開になるのか、ファンも楽しみにしていたはずだ。しかし、蓋を開けてみれば海外からの出走馬は“ゼロ”というのだから、競馬ファンも武豊らトップジョッキーも、そしてJRA(日本中央競馬会)関係者も大きく落胆したことだろう。

 1981年に始まり、今年で39回目となる中で初めての外国馬不在。昨年まで日本馬が13連勝していることや日本特有の高速馬場か、あるいは他に理由があるのか不明だが、今年は日本馬が海外のG1レースで5勝するなど大活躍していることもあり、国際交流といった意味でも残念である。

 さらに今年は、昨年の優勝馬アーモンドアイ、3歳最強のサートゥルナーリア、宝塚記念馬リスグラシュー、昨年好走のキセキ、有馬記念馬ブラストワンピース、天皇賞(春)馬フィエールマンといった日本産の強豪も不在。出走するワグネリアン、レイデオロ、マカヒキといった三世代の日本ダービー優勝馬はここ1年未勝利で、2018年のジャパンカップ優勝馬シュヴァルグラン、大阪杯優勝馬スワーヴリチャードも頭打ちの印象。登録馬16頭の中で重賞未勝利馬が5頭いるように、G1のレベルとして高くない。

 そんな異例づくしの状況となった今年のジャパンカップが、このまま順当な結果に終わるとは誰も思うまい。すでに波乱の雰囲気が漂っており、まさかの結末や、過去最高の特大万馬券が飛び出してもおかしくはないだろう。そんな中、このジャパンカップの的中に並々ならぬ決意と自信を見せている競馬関係者集団がいる。それが「シンクタンク」だ。

■業界最高峰の関係者集団シンクタンクの凄すぎる実績

 シンクタンクは10月で創業25年を迎えた業界老舗の競馬総合情報社。この業界は同様の会社がいくつも乱立しては淘汰されていくことを繰り返しているが、これだけ長く続けていられるのは、競馬ファンからの信頼と的中実績、そしてシンクタンクに協力する競馬関係者の存在があるからだろう。

 シンクタンクにはハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元JRA調教師を筆頭に、史上最強とも呼び声が高いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師らが在籍。過去にもサクラバクシンオーなど多数のG1馬を育てた境勝太郎元調教師や、関西のドンとして知られた柳田次男元調教師など競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍していたことも、ファンや関係者から信頼を集めている理由だろう。

JRAジャパンカップ「外国馬ゼロ」が意味する誰も知らない真実! 内部情報流出で業界関係者に激震!の画像2
シンクタンクの平井氏と中野渡氏

 長年に渡ってあらゆる競馬関係者たちと密な関係を築き上げることで、シンクタンクは業界最高峰と言われる人脈と情報力を確立し、一般のファンやスポーツ紙などでは伝えることができない、すなわち表に出回ることがない『本物の関係者情報』を入手することができるわけだ。

 シンクタンクを見て気付くのは、とにかく情報の質と量がハンパないこと、そしてよく当たることだ。春競馬を締めくくる大一番の宝塚記念では、3連単1万4560円、3連複2720円、馬連970円の3馬券種完全的中を達成。この秋も波乱となった2歳重賞のファンタジーステークス(G3)で3連単4万3510円、3連複5700円、馬連3090円の3馬券種を完全的中させている。「情報が命」と言われる2歳戦での高額万馬券的中は、まさに情報力を示す一例と言えるだろう。

 さらに今週行われるジャパンカップに関しては、G1レースに向けて特別チームを結成した2005年以降、去年までに14戦11勝と抜群の好相性を誇っている。さらにシンクタンクはG1レースに強く、前述の宝塚記念やジャパンカップの実績、そして昨年もジャパンカップから年末の有馬記念、ホープフルステークスまで6連勝を達成している。そういった意味でもシンクタンクは、今週のジャパンカップだけでなく、来週以降や有馬記念に向けても注目していくべきである。そんな彼らがジャパンカップに対する自信のほどを語ってくれた。

■ジャパンカップの極秘関係者情報も完全把握

「今年の10月で創業25年を迎えたシンクタンクは、重賞とメインレースの情報収集に特化した特捜部を設けており、表に出ない情報、世間では“裏情報”と呼ぶような関係者の本音をしっかりと入手できる態勢を整えています。

JRAジャパンカップ「外国馬ゼロ」が意味する誰も知らない真実! 内部情報流出で業界関係者に激震!の画像3
アーモンドアイ不在がどう影響するか

 ジャパンカップは特別チームを結成した2005年以来、14戦11勝と抜群の好相性を誇っており、もちろん、万馬券の的中も4度と、何度となく高配当的中をお伝えしてきました。

 今年も特別チームが万全の態勢で動いていますので、弊社だから入手できる情報が毎日山のように入ってきます。例えば頭数合わせのために出走するだけの馬、勝ち負けは無理でも5着の賞金3000万円を狙うために出走する馬、厩舎のアピールのために出走する馬など。さらに突っ込んだ内部事情もありますが、さすがに詳細をここでお伝えすることはできません。

 しかし馬券的に重要な、現時点で高配当の肝になるであろう馬はすでにマーク済み。そして今年もジャパンカップを的中させるための準備と条件は整いました。記録更新はもちろん、アッと驚く情報内容と配当は必見です。

 なお、今回ですが、競馬には表に出ない本物の関係者情報があることを多くの競馬ファンに知っていただくため、特別に馬券候補5頭の無料公開キャンペーンを実施します。我々が自信をもって提供するジャパンカップの関係者情報を、ぜひ利用してください。そして本物の情報とは何かを、ぜひ掴んでください」

 この話からもわかるように、シンクタンクは今回のジャパンカップに関してかなりの手応えを掴んでおり、その情報を無料で公開してくれるというのだ。しかも高配当=万馬券も期待できるというのだから、期待は高まるばかり。

 空前絶後の混戦模様となった今年のジャパンカップ。的中のカギを握るのは、本物の関係者情報で間違いない。そして、すべてを知るシンクタンクの情報が、ジャパンカップの的中を限りなく引き寄せるのだ。二度とないこの機会を逃さず、ぜひ皆様にはシンクタンクの「ジャパンカップ無料情報」を活用し、週末の参考にしていただきたい。そして来週以降もシンクタンクが公開する様々な無料情報を活用し、年末の有馬記念などの大一番に備えてほしい。

CLICK → 【無料公開! ジャパンカップはこの5頭】シンクタンク

※=本稿はPR記事です。

人気連載
あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

■あなたの“恋愛依存度” 「以下の数字から、気になるもの...

人気連載
2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

■2019年ラスト1ヵ月の過ごし方 「以下の選択肢から、...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。