耳の中に水が入った時、頭を振って出すと「脳が損傷」する! 研究者が警告… 北島康介は悪い例だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 耳に水が入った時は思わず頭を振って水を出したくなるが、その行動に“待った!”がかかったようだ。頭を振る行為で、確実に脳損傷のリスクが生まれるというのだ。

■頭を振る行為に脳損傷リスク

 シャワーを浴びた後などに耳に水が入る体験はなかなか不快だと思うが、いかがだろうか。耳に水が入ったままだと聴覚も鈍るので、一刻も早く水を抜こうとして、ついしてしまうのがヘッドバンキングよろしく頭を激しく振るという行為だ。

 いかにも合理的に思える頭を振る行為だが、最新の研究からは無視することができない危険性が指摘されている。そこには脳にダメージを与えるリスクが確実に存在するらしい。

耳の中に水が入った時、頭を振って出すと「脳が損傷」する! 研究者が警告… 北島康介は悪い例だった!の画像1
「Science Alert」の記事より

 11月23~26日にわたりワシントン州シアトルで開催された「APS Division of Fluid Dynamics」の年次集会において、コーネル大学の研究チームが発表した研究では、実験を通じて耳の水を抜くために頭を振る行為のリスクを徹底検証している。

「私たちの研究は、主に外耳道から水を出すのに必要な加速に焦点を当てています。ガラスチューブと3Dプリントされた幼児の耳のサイズの外耳道を使った実験で得られた臨界加速度は、脳の損傷を引き起こす可能性のある10Gでした」と研究員のアヌジ・バスコタ氏は説明する。

耳の中に水が入った時、頭を振って出すと「脳が損傷」する! 研究者が警告… 北島康介は悪い例だった!の画像2
「SciTechDaily」の記事より

 頭蓋骨がまだ成長中の子どもはもちろん耳の構造がまだ小さいのだが、外耳道が小さいと、中に入った水が成人の耳よりも出にくくなる。子どもの外耳道から水を出すには地球の重力の10倍、すなわち10Gもの衝撃が必要になるのだ。頭を振って水を出すことは、子どもの脳に看過できないリスクをもたらしていたことになる。

コメント

1:匿名 2019年12月20日 15:44 | 返信

犬かな?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。