スティーヴィー・ワンダーの目は視えている決定的証拠が判明! 4つの根拠… 遂に大物がTVで暴露!

スティーヴィー・ワンダーの目は視えている決定的証拠が判明! 4つの根拠… 遂に大物がTVで暴露!の画像1
画像は「Daily Star」より

 盲目のミュージシャン、スティーヴィー・ワンダー。獄中のネルソン・マンデラ氏を想って書いた「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」を始め、数々の名曲を生み出してきた生ける伝説だが、ここに来て信じられない疑惑が浮上した。なんと、実は目が見えているかもしれないというのだ!

 暴露したのは、これまた生ける伝説、元NBAプロバスケットボールプレイヤーのシャキール・オニール氏だ。英紙「Daily Star」(12月14日付)によると、米テレビネットワーク「TNT」に出演したオニール氏は「マジの話だ」と念を押して、こう語ったという。

「俺たち(シャキール・オニールとスティーヴィー・ワンダー)は、カリフォルニア州ウィルシェア・ブールバードにある同じ建物に住んでいるんだ。ボーイなんかもいるマンションだよ。その日、俺は帰宅してエレベーターに乗ったんだけど、途中でスティーヴィー・ワンダーが乗ってきたんだ。彼はエレベーターに乗り込みながら、こう言ってきたよ。『よう、シャック、調子はどうだ?』って。そして、ボタンを押したんだ。いや、マジだぜ。自分でボタン押して、自分の階で降りて、自分の部屋に戻ったんだ」(シャキール・オニール)

 俄かに信じがたい話だが、スティーヴィー・ワンダーともあろうお方が、何十年も“嘘”をつき続けてきたというのだろうか? 確かに我が国には、全ろうであると偽り続けた“音楽家”・佐村河内守という前例があるが……。

 当のスティーヴィー・ワンダー自身も2015年に怪しい発言をしているという。冗談交じりではあるが、盲目であることの利点として「見えていても、何も見えてないふりができる」と言ったというのだ。

倒れるマイクをキャッチするスティーヴィー。映像は「YouTube」より

 視力があると認めているように聞こえるが、実はスティーヴィー・ワンダーが盲目ではないとする噂は以前からまことしやかに囁かれており、その“証拠”まであるという。たとえば、転倒しそうなマイクスタンドをキャッチしたり、人のいる場所が正確にわかっているかのように近づいてきたり、目が見えないなら不要なはずの時計をはめていたり……。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ