【米思想家ラム・ダス死去】LSD研究とスピリチュアルの祖! ジョブズ、ザッカーバーグ、ペイジに影響を与えた魂のカリスマ!

【米思想家ラム・ダス死去】LSD研究とスピリチュアルの祖! ジョブズ、ザッカーバーグ、ペイジに影響を与えた魂のカリスマ!の画像1
ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本 (mind books)

 米思想家で作家のラム・ダス氏が22日、米ハワイ州マウイ島の自宅で88歳で死去したと報じられた。ラム・ダス氏は、米ハーバード大教授として心理学を教えていた60年代初頭、当時合法だった合成麻薬LSDを使用した研究で有名となりカウンターカルチャの思想的基盤を築いた。

 有名な著書は、ヒッピーのバイブルともいわれる本「ビー・ヒア・ナウ」で、ヒンドゥー教の聖人ニーム・カロリ・ババの弟子となり、ヨガや瞑想(めいそう)の普及にも努めた。

 ラム・ダス氏といえば、アップル社の創業者スティーブ・ジョブズが信奉していたことでも知られる。カリスマ的CEOだったスティーブを支えていたのが「仏教」「禅の教え」ということは有名だ。

【米思想家ラム・ダス死去】LSD研究とスピリチュアルの祖! ジョブズ、ザッカーバーグ、ペイジに影響を与えた魂のカリスマ!の画像2
覚醒への糧 心の探求の道しるべ

 スティーブは、ビートルズやボブ・ディランをこよなく愛し、彼らの人生観にも強い影響を受けたといわれている。LSDなどサイケデリック・ドラッグもやったことがあると告白しているくらいなので、ヒッピーたちのバイブルといわれたラム・ダス氏のスピリチュアル・ガイダンス本『ビー・ヒア・ナウ』も愛読し、インドのアシュラムを訪れ、そこで出会った仲間とアップルを立ち上げた。

 しかも、ジョブズだけではない。グーグルのラリー・ペイジやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグも『ビー・ヒア・ナウ』に影響されているというから驚きだ。シリコンバレーのカリスマCEOたちの心をつかむ名著であることは間違いない。また、オアシスの名盤『Be Here Now』と本のタイトルが同じことについても、かつてノエル・ギャラガーがこの本を読んで影響されたからだと答えている。本を読んだきっかけは、ジョン・レノンの影響だという。

 これを期に年末に読んでみてはいかがだろうか?

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ