【IRの陰謀】 秋元司議員の背後に「株価操縦集団M」と中国人脈…黒いチャイナマネーの実態!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

,

秋元司衆院議員。画像は「ANNnewsCH(YouTube)」より

 日本でのカジノを含む複合型リゾート施設(IR)誘致に絡み、元自民党の秋元司衆院議員(48)らが逮捕された事件は、政権を揺るがす一大疑獄事件に発展しそうな気配を見せている。東京地検特捜部は、秋元氏のほか、事件の関係先として自民党の白須賀貴樹衆院議員(44)、勝沼栄明前衆院議員(45)の事務所を捜索。さらに秋元氏が顧問を務めていた都内のパチンコチェーン会社にも捜査の手が伸びた。

「秋元氏は若手議員の中でも突出した資金力を持っていた。所属する二階派の中でも『他の議員と集める金額が一桁違う』と言われていたほどだ。ただ、その原資の中には後ろ暗い資金も含まれていた。そもそも今回の事件の発端は、特捜部が7月に手がけた企業主導型保育事業をめぐる融資金詐欺事件だった。この事件で逮捕された川崎大資被告は、かつて『塩田大介』と名乗り、『ABCホーム』という不動産会社を率いていたが、法人税法違反などで逮捕されている。秋元氏はこの川崎被告とは昔からの知り合いで、資金援助も受けていた。特捜は川崎被告の事件から秋元氏に目を付けた節がある」(大手紙社会部記者)

画像は「getty images」より

 IR事業は、安倍晋三政権の進める経済振興策のひとつだったが、今回の事件で停滞を余儀なくされるのは必至であり、政権にとって痛手となるのは間違いない。政権への影響とともに注目されるのが、特捜部が事件の背後にある「金脈」にどこまで捜査のメスを入れられるかという点だ。そこでひとつの鍵を握るのが、秋元氏と「非常に近い」(同)と目されているある仕手(株価操縦)集団の存在である。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年12月30日 02:11 | 返信

久々の議員逮捕だからね。慎重に、果敢にやってほしいわ
まあこの秋元司という人は今の検察をバカにして油断してたんだろう

1:匿名 2019年12月29日 22:14 | 返信

こりゃ二階はもう次期総理は無理だな
というか今回は自民党内部の親中派の切り捨てであり、安倍や小泉などの主流派のグローバリストは安泰なんじゃないか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。