3.11の次は2020年「南関東直下地震」で確定か!? “災害の法則3つ”を発見、東京五輪中止求む!

 あの東日本大震災から、今年3月で9年目を迎える。歴史を振り返ってみると、史上最大規模の巨大地震や火山噴火などの天災は、実は短期間のうちに連続して起きる傾向にあることが筆者の統計的分析で判明している。これを筆者は「災害シリーズ」と名付けたが、今回さらに各災害の種別ごとに発生間隔などを詳細に調べたところ、いくつか新たな発見をしてしまった。

3.11の次は2020年「南関東直下地震」で確定か!? 災害の法則3つを発見、東京五輪中止求む!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

■大災害は続けて来る

 その発見について紹介する前に、過去に発生した南海トラフ巨大地震、南関東直下地震、三陸沖巨大地震、富士山噴火など日本を破滅へと導きかねない巨大地震・火山噴火などを、分かりやすく【A】~【F】の記号を付して以下に時系列に並べてみよう。

凡例:
【A】:南海トラフ巨大地震
【B】:南関東直下地震
【C】:三陸沖地震
【D】:日向灘地震
【E】:近畿地方の地震
【F】:富士山噴火

【F】864年7月2日~:富士山貞観噴火
【C】869年7月9日:貞観地震(三陸沖)
【B】878年10月28日:相模・武蔵地震(M7.4、神奈川〜千葉?)
【E】887年7月29日:京都(M6.5)、死者千人
【A】887年8月22日:仁和(にんな)地震(M8.0~8.5)、南海トラフ

【B】1495年9月3日:相模トラフで大地震・津波(南関東)
【D】1498年6月30日:日向地震(M7~7.5)
【A】1498年9月11日:明応地震(M8.2~8.4)、南海トラフ、死者3万~4万人
【E】1510年9月11日:摂津・河内地震(M7.0~7.7)、死者多数。

1596年9月1日:慶長伊予地震(M7.0)、愛媛
1596年9月4日:慶長豊後地震(M7.0~7.8)、大分、死者710人
【E】1596年9月5日:慶長伏見地震(M7.5~7.8)、死者千人以上
【A】1605年2月3日:慶長地震(M7.9~8)、南海トラフ、死者1~2万人
【C】1611年12月2日:慶長三陸地震(M8.1)、死者2千~5千人
【B】1615年6月26日:相模・江戸(M6.2~M6.7)、小田原、江戸で被害。

【B】1703年12月31日:元禄地震(M8.1~8.2)、南関東、死者6700人
1704年5月27日:羽後・奥羽で地震(M7.0~7.2)、東北、死者58人
【A】1707年10月28日:宝永地震(M8.4~9.3)、南海トラフ、死者5千~2万人
1707年10月29日:宝永富士宮地震(M7.0)
【F】1707年12月16日~:富士山宝永大噴火
【C】1717年5月13日:宮城県沖(M7.5)、液状化・津波で被害

【A】1854年12月23日:安政東海地震(M8.4)、死者2千~3千人。
【A】1854年12月24日:安政南海地震(M8.4)、死者千~3千人。
【C】1855年09月13日:陸前(M7.2~M7.5)。
1855年11月07日:遠州灘(M7.0~7.5)、津波有り。
【B】1855年11月11日:安政江戸地震(M7.0~M7.1)、死者4,700~1万1,000人。
【C】1856年08月23日:安政八戸沖地震(M7.5~8.0)、津波、死者29人。

【C】2011年3月11日:東日本大震災(M9.0~9.1)、死者・行方不明者2万2千人
【E】2018年6月18日:大阪府北部地震(M6.1)、死者6人
2018年9月6日:北海道胆振東部地震(M6.7)、死者42人
【F】20xx年:富士山令和大噴火?
【A】20xx年:令和南海トラフ地震?
【B】20xx年:令和首都直下地震?

 このように、貞観・明応・慶長・元禄・安政の各時代で類似するような大災害シリーズがあった。これらのうち、最も注目すべきは【D】の日向灘以外の【A】~【F】すべてが起きた貞観時代といえるだろう。 三陸沖で起きた史上最大規模の巨大地震である東日本大震災からまだ8年しか経っていない現在、上記リストの最後に示したような大災害が控えている可能性は大いにあると考えておくべきだろう。

 そのため、ある地震・噴火の災害に続いて、どういう災害が起きていたかを詳細に調べたところ、またしても新たな発見をした。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ