大地震発生を日時レベルで当てる最強予言者・七曜高耶インタビュー! 〇〇を食べれば予知能力を獲得、家族全員超能力者で…!

大地震発生を日時レベルで当てる最強予言者・七曜高耶インタビュー! 〇〇を食べれば予知能力を獲得、家族全員超能力者で…!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 日本有数の予知能力者であり、これまで数多くの災害・事件などを夢で予知してきた七曜高耶氏。ついに今回、単独インタビューが実現し、南海トラフ巨大地震や関東の大地震などの恐るべき予言を直接聞くことができた。早速詳細についてお伝えしよう。

■そうそうたる過去の予知夢的中事例

 岡山県在住の「ドリームセラピスト」である七曜高耶(ななよう たかや)氏。自身のブログ『まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。』でも多数の読者を抱えている女性だ。七曜氏は、前述の通りとりわけ夢予知に秀でた存在である。これまで40年以上にわたり超常現象と超能力者たちについて研究してきた筆者にとっても、その能力は日本屈指と断言できる。以下、過去に七曜氏が視た夢が現実になった例をいくつか紹介する。

 2018年6月23日、タイ北部チェンライの洞窟で、サッカークラブの少年12人とコーチ1人が行方不明になる事件があった。七曜氏は、発生3カ月前となる3月28日のブログに『沈み行く場所が家なのか何なのか判断出来ないが、ともかく屋内は川底の様に溢れている・・・・・。ここは日本では無く海外。【中略】この系統の天災に役立つのが何故かテスラ社の開発しているもの』と記していた。しかも本件では、テスラ社のイーロン・マスク氏が協力を申し出て、現地に潜水艇が届けられ(実際は使用されなかったが)7月10日に全員無事に救助された。「テスラ社が開発しているもの」が使われる可能性があったことなどほぼ文面通りで、3カ月も前から夢で視ていたことになる。

 2013年4月13日には淡路島でM6.3、最大震度6弱の地震が発生したが、七曜氏はまたも3カ月前となる1月21日のブログで、「次の青い点滅の場所は『香川』『徳島』『淡路』の『海側周辺』です。こちらは瀬戸内海にも何かある様な感じでした」と夢を報告していたことが判明している。

 2015年1月27日、七曜氏はブログに「2015年1月26日に視た夢は、『新岳』の『噴火』(?)の夢だった」と記した。当時、七曜氏は「新岳」がどこかも知らなかったというが、4カ月後の2015年5月29日、口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生。夢が現実となった

大地震発生を日時レベルで当てる最強予言者・七曜高耶インタビュー! 〇〇を食べれば予知能力を獲得、家族全員超能力者で…!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 2017年5月25日、七曜氏は「フォッサマグナ」「動く」「26日」の数字が視えたとブログに記した。すると1カ月後の2017年6月25日朝、長野県南部でM5.6、最大震度5強の地震が発生。まさに震源は「フォッサマグナ」に近い位置、そして「26日」からたった1日の違いで現実化した

 七曜氏が2017年6月30日に視た夢には、「福岡県(?)」「震度5強(豪雨の後)」というキーワードがあった。すると4日後の2017年7月4日に台風3号が九州に上陸し、記録的豪雨が発生。その1週間後の7月11日、鹿児島湾をM5.3、震度5強の地震が襲った。震源が「福岡県」ではなかったものの、「豪雨の後」で「震度5強」の地震が九州で起きるなど驚くべき的中だった

 このように、七曜氏の夢には数日のずれもあるが、ほぼその通りに現実となっていることがわかるだろう。通常どんなに優れた予言者・予知能力者でも、日付まで言い当てることは歴史上ほぼ前例がなく、稀有な例といえる。今回筆者は、その能力の秘密に少しでも迫ろうと、ある日の昼下がりにチャットを通じてインタビューを行うことにした。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ