イエス・キリストにパクリ疑惑が浮上! イエスの前に「超ソックリ救世主」がいて真似しただけと石板で判明、姑息すぎる!

 イエス・キリストの前に実は本物の“救世主”がいた――。現在のキリスト教の体系を根底から揺るがす新説が登場している。

■イエス・キリストの前に真の“救世主”がいた?

「紀元後(AD)」はイエス・キリストの生誕後という意味だが、これまでの研究でイエスは紀元前4年ごろに生まれ、磔にされて公開処刑されたのが紀元後30年から33年の間であるという説が有力になっている。

 しかし、現在物議を醸している新説では、イエスが処刑される数十年も前に本物の“救世主”が処刑されて、その3日後に“復活”していることを主張している。イエスはその本物の“救世主”をまねたに過ぎないというのである。

 その本物の救世主とは誰なのか。それはシモン(ペレアのシモン、ジョセフの息子シモン)である。シモンは紀元前4年から紀元後14年の間に、イエスと同じように時の権力者によって処刑されたのだが、その3日後に“復活”を果たしたことで、本物の“救世主(メシア)”であると民に信じられていたという。

 しかしながら聖書にも登場しないこのシモンという人物が本物の“救世主”であるとはいったいどういうことなのか。

 実はその根拠は2000年に死海付近で発見されたというジェセルソン石版(Jeselsohn Stone)にある。発見者の名が冠されたこのジェセルソン石版に刻まれた87行のヘブライ語の文章は、「ガブリエルの黙示録」とも呼ばれ、旧約聖書『ダニエル書』に登場する大天使ガブリエルの預言であるとされている。そのガブリエルの預言に、シモンを匂わせる記述があるというのだ。

イエス・キリストにパクリ疑惑が浮上! イエスの前に「超ソックリ救世主」がいて真似しただけと石板で判明、姑息すぎる!の画像1
ジェセルソン石版 画像は「Wikipedia」より

 シモンの存在を最初に世に伝えたのは帝政ローマ期の政治家及び著述家で『ユダヤ戦記』の著者であるフラウィウス・ヨセフス(37-100頃)であるとされている。ヨセフスによれば、シモンは時の権力者であるローマ帝国・ヘロデ王の奴隷であったが、背は高く体格に恵まれていて人々からの信頼があつい人物であった。

イエス・キリストにパクリ疑惑が浮上! イエスの前に「超ソックリ救世主」がいて真似しただけと石板で判明、姑息すぎる!の画像2
フラウィウス・ヨセフス 画像は「Wikipedia」より

 シモンは密かに反乱軍を組織して蜂起し、駐在ローマ軍を滅ぼす大勝利を収めるが、本国から派遣された強大な鎮圧軍によって谷底に追い込まれて、激しく抵抗したものの最後は斬首されて死亡したことがヨセフスの遺稿に記されている。

 イスラエルの聖書学者であり歴史家のイスラエル・ノール氏は「ガブリエルの黙示録」の解読を試み、反乱軍のリーダーであったシモンは死後に救世主として“復活”を遂げたことを示唆する有力な証拠を発見したと主張している。

 石版に刻まれた87行の文章はかすれて読めない部分も少なくないのだが、そのうちでもっとも注目すべき記述があるのは80行目であるという。ノール氏によれば大天使ガブリエルがこの最も偉大なリーダーであるシモンに対して、死後3日後に蘇るように命じた記述があるということだ。

 ノール氏は80行目を「我、ガブリエルは汝に3日の間に生き返ることを命じる」と翻訳することができると主張している。しかしこの“生き返る”の部分は実際にはかすれていて判読はきわめて難しい。

イエス・キリストにパクリ疑惑が浮上! イエスの前に「超ソックリ救世主」がいて真似しただけと石板で判明、姑息すぎる!の画像3
ペレアのシモン(Simon of Peraea) 「Express」の記事より

 はたしてイエスの磔刑から数十年も前に、このシモンが真の救世主として処刑された後に復活を果たしたのだろうか。とすればキリスト教の真の“神”はイエスではなく、驚くべきことにこのシモンである可能性もあることになる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ