通俗的「LGBT支援」の論理破綻を元女子大教授が指摘! 支援のつもりが「性差別を強化」…日本の知的レベルがやばい!

通俗的「LGBT支援」の論理破綻を元女子大教授が指摘! 支援のつもりが「性差別を強化」…日本の知的レベルがやばい!の画像3
画像は「getty images」より

 お化粧しなくなったら女失格でしょうか。言葉遣いが乱暴だったら女失格か。学内でナンパしたら女失格か。アダルトビデオを買い込んでいたら男決定でしょうか。

 そんなはずありませんね。女性が化粧を嫌うのは自由だし、恋多きレズビアンとして生きる自由もあるし、ボクシングジムに通おうが体毛を剃らずにいようが、「女性として生きてない」と決めつけられる筋合はありません。では一体、「なりすまし」とはどういう人?

 Xであるならば女として生きていない、という心の属性Xを認めるとしましょう。対偶をとると「女であるならXではない」。つまり「女のくせにXだなんておかしい」――古い性表現・性役割の押し付けそのまんまの文法図式になってますが……、

 その属性Xが具体的に何なのか、大学側はあらかじめ公表した方がよいですね。さもないと、いったん入学できてもトランス学生は不安でしょう。「なりすまし」と疑われぬよう、いかにも女らしく振る舞うプレッシャーを感じたりしないでしょうか。

 それは生物学的男子の学生に限られません。教育理念は全学生平等に当てはめないと、トランスジェンダー差別になりますから。生物学的女子の学生についても「女性として生きる心構え励行」「女を捨てた生き方禁止」を適用することになるでしょう。

通俗的「LGBT支援」の論理破綻を元女子大教授が指摘! 支援のつもりが「性差別を強化」…日本の知的レベルがやばい!の画像4
画像は「getty images」より

 このように、「なりすまし発覚で退学処分」という方針は、いわゆる「先進的な取り組み」とは正反対なのです。いや、「なりすまし」以前に、〈身体に基礎づけられない性別〉という概念そのものが、ジェンダーステレオタイプの強化装置だったのです。トランスジェンダーの性自認を、単に個性的なスタイルとしてでなく、真の性別として認める立場というのは、きわめて保守的・復古的な性別観と言えるでしょう。

 伝統的性役割を重視して、良妻賢母教育を校風に掲げるのであれば、それはそれで辻褄が合っています。「性役割・性表現イデオロギーの復権のため、トランス女性受け入れに踏み切りました!」と宣伝すれば、多くの人にとって〈目からウロコ〉かもしれません。逆張り効果で志願者もきっと増えることでしょう。

 男女とも心のあり方が自由でいられるのは、染色体や生殖器など身体の構造に従って、必要な場面でのみ性別が分けられているからです。心は身体の機能なので、統計的には心の性差は否定できないものの、個人レベルではどんな心を持とうが自由です。男性の中でも女性の中でもそれぞれ心の多様性が生ずる。ところが、生殖器とは無縁の「女性としての生き方」をトップダウンで個々人に当てはめた瞬間、女性は直接に心のあり方で識別されざるを得なくなる。女性内での言動の多様性は縮小することになります。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ