盲人がクルマに轢かれて視力回復! メカニズム完全不明、医師も困惑の奇跡… さらに衝撃的展開!

 交通事故をきっかけに奇跡的に視力を回復した人物が話題だ。彼の目は、いったいなぜ再び視えるようになったのか――!?

■交通事故で入院中に視力がまさかの回復

 20年以上にわたって盲目だった人物が交通事故後に視力を取り戻し、現在は事故直後に治療入院した病院で警備員として働いているという。

 ポーランド西部の都市ゴジュフ・ヴィエルコポルスキに住むヤヌシュ・ゴライ氏は、若いころに患った重度のアレルギー性疾患が原因で、不運にも視力を失ってしまった。左目が完全に盲目で、右目は物の形と光をおぼろげに認識できるにとどまっていた。

 2018年のある日、ゴライ氏は横断歩道を歩行中に自動車に衝突される事故に遭い、尾てい骨を骨折する被害を被る。

「車のボンネットに激しく叩きつけられて頭を打ちました。その後、道路上に放り出されました」(ゴライ氏)

盲人がクルマに轢かれて視力回復! メカニズム完全不明、医師も困惑の奇跡… さらに衝撃的展開!の画像1
「LAD Bible」の記事より

 事故の後、ゴライ氏はポーランド西部ルブシュ県の独立公立病院へと運ばれ、緊急手術を受けた。

 同病院のスポークスマン、アグニエシュカ・ウィスニエフスカ氏は地元メディアに「ある年齢以上になると、こうした骨折の治療には時間がかかるため、彼は入院しなければなりませんでした」と語っている。

「医者は(ゴライ氏の)怪我を治療することに専念していたため、彼の“目”にまでは気を配れませんでした」(ウィスニエフスカ氏)

盲人がクルマに轢かれて視力回復! メカニズム完全不明、医師も困惑の奇跡… さらに衝撃的展開!の画像2
「LAD Bible」の記事より

 医師たちの予想に反し、ゴライ氏の回復は早かった。2週間も経たずして容体は良好に転じたが、なんとその間にゴライ氏の視力までもが回復していることに気づいた医師たちはショックを受けた。いったいどんな理由で20年間見えていなかったゴライ氏の視力が回復したのか!?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ