ナンバー1予言者・松原照子が「コロナ予言」&「東京五輪は開催されない」予言がW的中か! 『ムー』にハッキリ記述、生き残る方法も!

関連キーワード:

,

,

 松原照子氏は、2011年3月11日に起きた東日本大震災の約1か月前に自身のブログ「幸福への近道」で大地震を予言し、見事に的中させたことで世界中に名を轟かせた。

 松原氏は幼いころから様々なものが“視えた”といい、「不思議な世界の方々」がいつもそばにいたという。東日本大震災以外にもいくつもの歴史的大災害や大事件を予言的中させており、的中率や知名度を考えると、今や世界でトップクラスの大予言者であろう。

 そんな松原氏は、毎日こつこつ原稿用紙に手書きで予言を書き記している。松原氏の独特なところは、「予言」ではなく「世見(よけん)」と表現していることだ。

 昨年、予言研究家である白神じゅりこは、長年の夢であった大予言者・松原照子氏にようやく取材することができ、その時のインタビュー記事はトカナにも掲載されている。同インタビュー記事でも触れたが、実は松原氏は、2020年東京オリンピック開催が危ぶまれることをかなり前から予言していた。

 そして驚くべきことに、新型コロナウイルスによるパンデミックまでをも予言していたのだ。

 今回は、筆者が松原氏にインタビューした時のことを振り返りつつ、その予言について考察してみる。

■「2020年、東京オリンピックは開催されない」予言の真相

東京オリンピック予言が書かれた著書

 松原照子氏の数々の予言のなかで今、人々の関心が最も高いのは「2020年、東京オリンピックは開催されない」というものであろう。松原照子著『松原照子の大世見』(学研プラス/2016年)の帯にも、「2020年、東京オリンピックは開催されない!?」と記されている。

 昨年筆者が松原氏に取材した際、この予言の真相を直にうかがうことができた(詳しくはこちらの記事)。その時の松原氏の発言を振り返ってみよう。

ナンバー1予言者・松原照子が「コロナ予言」&「東京五輪は開催されない」予言がW的中か! 『ムー』にハッキリ記述、生き残る方法も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで