【取材】「コロナ後の世界」を経済学者が予言&徹底解説! 5Gとマイクロチップと電子通貨… 全人類がエリート層の奴隷に!

「コロナ後の世界」を研究者が解説! 体内埋込チップが5Gと連動し… テクノロジー全体主義で全人類がエリート層の奴隷に!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 猛威をふるう新型コロナウイルス。この謎多き疫病に関しては、数々の陰謀論が囁かれているが、どれも信憑性に欠ける。たとえば「中国の細菌兵器」説だが、通常は細菌兵器と同時にワクチンも作られるうえ、中国自身も大きな経済的打撃を受けており、メリットはないように思われる。また、「元凶はアメリカ」説にしても、アメリカでの感染者数は現在のところ世界ワースト1位。さらに、「イルミナティの暗躍」説にしても、同秘密結社の構成員とされるイギリスのチャールズ皇太子まで感染しているではないか。

■コロナ禍は世界支配層の主導権争いか!?

 真実を追い求めるトカナ読者のために、筆者はもう一つオルタナティヴな視点を提供したい。ズバリそれは今回のコロナ禍の背後に、グローバリズム推進派とブロック経済推進派の争いがあるというものだ。

 両者ともに、増えすぎた人口を抑制し、一部のエリート層が無知なる平民を完全支配する体制が人類にとって好ましいと考えていることは間違いない。ただし、全世界を一元的に支配する(世界統一政府の樹立=新世界秩序)か、それとも多元的な支配の集合を維持するか、という点において志向する世界像が異なっている。

「コロナ後の世界」を研究者が解説! 体内埋込チップが5Gと連動し… テクノロジー全体主義で全人類がエリート層の奴隷に!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 今までは前者、すなわちロスチャイルド家が支配するグローバリズム推進派(新自由主義勢力)が優勢だったが、グロバーリズムの進展に伴って現れた数々の問題(環境問題など)を槍玉に挙げるブロック経済推進派が、グローバリズム推進派に先んじて人口削減計画をいよいよ発動し、今後の政治・経済の主導権を握ろうと暗躍しているのではないか?

 現に世界各国で都市封鎖と入国制限、食料輸出入制限により、まさにブロック経済と監視・管理社会が進行している。感染者を追跡するスマホアプリ、全ての人に同額補償をする、(マスクなどの)物資を配給制にする、新型コロナウイルスの不安と恐怖を煽る一元化された報道――などは、まさにその最たる例と言えるだろう。今回、筆者は政治思想研究家・作家の天野統康氏に見解を聞いた。

■「コロナ後の世界」恐るべき姿

――今後の世界情勢はどうなりますか?

天野統康氏(以下、天野)  今回のコロナウィルスは超ド級の現象であり、コロナ禍の前と後では世界が一変するだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ