街路樹にヘドバンして額を鍛える「キツツキおじさん」発見!5年間続ける理由とは?

関連キーワード:

,

,

,

,

 奇抜かつ痛々しい“コンディショニング”で韓国のお茶の間のド肝を抜いた男性が海外でも話題になっている。

 海外ニュースメディア「Oddity Central」(5月13日付)によると、韓国のテレビ番組「X SBS WOW」が、新村(シンチョン)地区の靴修理工特集を取材していたところ、路上で“奇行”を見せる一人の職人に遭遇した。

 その時の映像がこれだ。

 路上の木に激しく額を繰り返しぶつける中年男性。その姿はまるでキツツキのようだが、これは普通ではない。精神に異常をきたしていると疑われてもおかしくない姿だ。レポーターに話しかけられた男性が振り向くと、額は赤く内出血している。

 彼はどうしてこんなことをするのだろうか? 男性によると、かつてボクサーだったが、家庭を持ったのをきっかけに夢を諦めた過去があるという。ボクシングジムに通う経済的余裕もなかったため、自分で編み出した“鍛錬法”が木への頭突きだというのだ。これを毎日5年もつづけているらしい。

 空手家は硬い拳を作るために、藁を突いて拳にマメを作るが、この男性の額も毎日の頭突きでマメが出来て硬くなっているそうだ。日々のスキンケアを欠かさないあたりもマメな男である。

画像は「YouTube」より

 しかし、空手家ならば硬い拳は実用的であるが、額が硬くなったところでボクサーにとって利点はあるのだろうか? それが実はあるのである。ボクシングで急所となるのは、顔面では顎とコメカミだ。ここにクリーンヒットをもらうと脳震盪を起こしてノックダウンにつながる。ただ、頭が揺れにくく、骨も厚い額でパンチを受けた場合、相手がハードパンチャーであればあるほど、拳の怪我につながり易くなるのである。とはいえ、額を鍛えることがボクサーに必要かどうかは、多くのボクサーの額を見れば一目瞭然だろう……。

街路樹にヘドバンして額を鍛える「キツツキおじさん」発見!5年間続ける理由とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで