日本政府が無能すぎてできない「国民管理」の裏話を天才・亜留間次郎が解説! ロシアの「国民奴隷管理システム」と中国「フコウ」の歴史から学べ!

 少し前の中国では、都市戸籍者と農村戸籍者の問題があり、都心に移住した農村戸籍者は行政サービスが受けられませんでした。

 昔は立場が逆で、都市戸籍者のパスポートは配給カードとセットで、農村戸籍者には配給カードがありませんでした。農民は自分で食糧を生産して自給自足で食べていけるけど、都市住民は農村から運ばれてきた食糧を貰わなければ食べていけないからです。

画像は「Wikipedia」より引用


 このため、現代のような自由経済がなかった慢性的食糧難時代の中国では、都市戸籍者は食糧の配給によって生きてきたわけです。中国が豊かになると、教育や医療などの行政サービスもこの配給システムによって、人民に与えられるようになりました。

 かつては老人になっても死ぬまで食糧配給が受けられたのですが、配給制が無くなった現代では老人年金に変わっています。近代中国で、医療から教育まで都市で受けられる全ての行政サービスが都市戸籍者限定サービスなのは、食糧配給制度に起源を持つからです。

 基本的に、自分の本籍地に住んでいなければ食糧すら入手できなかった為に、中国の国内移動は大きく制限されていました。

 経済が豊かになって、行政サービスなしでも都市部に出て働いて、自分で必要な物を買えば生活できるようになると、都市戸籍と農村戸籍の差は急速になくなりました。現在では意味のない区分です。

 国民を徹底的に管理することは、経済を豊かにして国民を幸福にするために必要不可欠な行政なのですが、現代日本は国民を全く管理できていないために、国民に給付金どころかマスクすら満足に配布できない、国民を不幸にしている無能状態です。

参考:「ロシアにおける女性解放運動 リチャード・スティス著」「Wikipedia」ほか

文=亜留間次郎

「亜留間次郎の世界征服のための科学」連載一覧はこちら

arumajiro-bio.jpg

●亜留間次郎
 薬理凶室の怪人アルマジロ男。人間の皮を被った血統書付きアルマジロ。守備範囲は医学から工学、ノーマルからアブノーマルまで幅広く、アリエナイ理科ノ大事典など、くられ氏と共に薬理凶室関連の共著多数。単著に『アリエナイ理科式世界征服マニュアル』(三才ブックス)がある。よくわからないケダモノなのでよくわからないネタで攻めていきます。

公式サイト http://asai-laboratory.sakura.ne.jp/
Twitter

※連載一覧はこちら

 

■新刊『アリエナイ医学事典』2020年4月3日発売!

「アリエナイ理科」シリーズの最新刊が登場!

ニュースサイト「TOCANA」の連載をメインに、「アリエナイ理科ポータル」「ブロマガ」「mitok」「ラジオライフ」に掲載されたアリエナイ記事を1冊に! 闇に葬り去られた医学の黒歴史を、薬理凶室の怪人・アルマジロ男が語り尽くす。

ご予約・ご購入はこちらから!

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

日本政府が無能すぎてできない「国民管理」の裏話を天才・亜留間次郎が解説! ロシアの「国民奴隷管理システム」と中国「フコウ」の歴史から学べ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで