「キャット&チョコレート オカルト編は嫉妬するレベルで面白い!」原作者が大絶賛!(インタビュー)

「キャット&チョコレート オカルト編」絶賛予約販売中

UFO!ネッシー!超能力!怪奇現象!呪いの人形!

「キャット&チョコレート オカルト編は嫉妬するレベルで面白い!」原作者が大絶賛!(インタビュー)の画像1

超話題のアドリブカードゲーム「キャット&チョコレート」*が、TOCANAとまさかのコラボレーション!

 

【ご購入はTOCANA STOREから】

 

 あなたの何気ない日常をブチ壊す“マジヤバ”なイベントカードと、“脳みそキラめく”刺激的なアイテムカードを収録。「えっ! そんなこと言っちゃうの!?」清楚なあの娘も、スカしたあいつも、キャラ崩壊間違いなしの過激シリーズがここに爆誕!

*シリーズ累計25万部突破!
*日本ボードゲーム大賞2010 投票部門大賞(キャット&チョコレート 幽霊屋敷編)

「キャット&チョコレート オカルト編は嫉妬するレベルで面白い!」原作者が大絶賛!(インタビュー)の画像2

【概要】
プレイ時間:20分
プレイ人数:3~6人
対象年齢:15歳以上

【内容】
派閥カード 6枚 (光、闇各3枚)
イベントカード 30枚
アイテムカード 39枚
終末カード 1枚
無地カード 2枚 (イベント、アイテム各1枚)
説明書 1枚

制作:TOCANA編集部
原作・監修:秋口ぎぐる(株式会社コザイク)
イラスト:nakaomichio
企画・発売元:株式会社サイゾー

価格:2,200円(+送料)

 

TOCANA STOREにて販売中!

★TOCANA STOREでご購入の方には先着200名様に限り、初回限定特典「スペシャルイベントカード」が付いてきます。

 

◾️原作者・秋口ぎぐるさんにインタビュー「嫉妬するレベルで面白い!」

 原作者の秋口ぎぐるさんに「キャット&チョコレート」シリーズの誕生秘話から今後の展望に加えて、トカナ監修「キャット&チョコレート オカルト編」について語ってもらった。

ーー原作「キャット&チョコレート幽霊屋敷編」はどのように誕生しましたか?

(秋口ぎぐる、以下、秋口)もともと「手軽に遊べるTRPGを作ろう」という発想から生まれました。TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)というのはコンピューターRPGの元となったアナログゲームなのですが、基本的にはオタクの遊びです。僕は長らくオタクとして、日陰者として生きてきたのですが、『キャット&チョコレート』シリーズが売れたおかげでようやく(少しだけ)世間並みに日の光を浴びることができました。幸せです。

ーー「キャット&チョコレート」は様々なコラボシリーズが作られ盛り上がっていますが、その魅力はどこにあるとお考えですか?

(秋口)基本は「頭の中に浮かんだシチュエーション」をアドリブで語るゲームですので、プレイヤーの意外な内面が現れるところがおもしろいと思っております。コラボとしてのおもしろさは、やはり複数のジャンルが混ざりますので、「幼児番組のキャラクターが電動マッサージャーとラブレターと持って暴れる」、といった状況が偶発的に、かつ頻繁に生まれるところでしょうか。

ーー「キャット&チョコレート オカルト編」を実際にご覧になった印象はいかがでしたか?

(秋口)やべーもんができちまったな、と思いました。

ーー単刀直入にお聞きします。「オカルト編」は面白いですか?

(秋口)嫉妬するレベルで面白いです。

ーー「オカルト編」の中で特に印象深いイベント・アイテムカードはありましたか?

(秋口)どれも印象深いのですが、第三次世界大戦、人肉嗜食、(宇宙人)妊娠といった要素が微塵の躊躇もなく使用されているところに衝撃を受けております(褒めてます)。

ーー「オカルト編」は「キャット&チョコレート非日常編」(幻冬舎)とコンセプトが似ていると指摘されることがありますが、どのような印象を抱かれましたか?

(秋口)いずれも過去の名作映画に着想を得ているカードが多いかと思います。非日常編はファミリー向け、オカルト編はアダルト向けですね。オカルト編はアダルト向けですね。ええ。

ーー「キャット&チョコレート」の今後の展望を教えてください。

(秋口)某日常系アニメとのコラボ企画が進行中です。かわいい女の子がたくさん出てくる作品です。もしこれが発売された場合、オカルト編と混ぜて遊んだときどうなってしまうのだろう……と、いまから戦々恐々としております。


秋口ぎぐる
株式会社コザイク代表。作家、ゲームデザイナー。本名の川上亮名義でも活動中。主な作品はカードゲーム『キャット&チョコレート』シリーズ、映画『人狼ゲーム』シリーズ原作、マーダーミステリー『九頭竜館の殺人』など。
先日、『人狼ゲーム』映画最新作の監督をさせていただきました。
http://www.cosaic.co.jp/
https://jinro-game-episode8.com/

 

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ