【スーパーナンペイ事件25年目の真実】 指紋の男、不審な銃弾、アノ事件との関連… 「平成3大未解決事件」の闇に作家・沖田臥竜が迫る!

〜裏社会や警察事情にも精通する作家・ジャーナリストの沖田臥竜による緊急掲載シリーズ・最も不可解で謎に満ちた未解決事件~

前編はこちら

【スーパーナンペイ事件25年目の真実】 指紋の男、不審な銃弾、アノ事件との関連… 「平成3大未解決事件」の闇に大作家・沖田臥竜が迫る!の画像1
画像は「YouTube」より引用

■3つの犯人像 —— その1「指紋の男」

 長年にわたる捜査において、スーパーナンペイ事件では、事件が大きく動いた瞬間が3回ある。記憶に新しいのが2015年。現場に残されていた粘着テープの指紋の採取に成功した時だ。各メディアも、一斉にその模様を報じている。

 被害者2人を縛りつけていた粘着テープはニチバン社製で、事件の約2カ月前から、東京、埼玉、千葉、神奈川、山梨のコンビニエンスストアなどで販売されていた。事件発生時に、粘着テープに指紋の一部が残されていることは発見されていたものの、当時の技術では、その指紋を検出することができなかった。それほど粘着テープに残された指紋の検出は困難だったのだ。しかし、警視庁は2010年以降、特殊な液体や剥離剤を使うなどの試行錯誤の上、ついに粘着テープに残された指紋を検出することに成功したのである。

 そして採取した指紋が、捜査の進展をもたらすことになる。1人の男が捜査線上に浮上したのだ。

 警視庁が検出した指紋を警察庁の指紋データベースと照合した結果、事件当時、多摩地区に住んでいた男のものとほぼ一致したのだ。捜査本部が色めき立ったことは想像に難くない。

【スーパーナンペイ事件25年目の真実】 指紋の男、不審な銃弾、アノ事件との関連… 「平成3大未解決事件」の闇に大作家・沖田臥竜が迫る!の画像2
画像は「Getty Images」より引用

 だが、決定的な問題があった。指紋は、特徴となるべき12点全てが一致して初めて同一人物と認定できることになっている。この男については、そのうちの8点しか一致しなかったのだ。ただ、残りの4点が一致しなかったわけではない。検出された指紋が不鮮明過ぎて確認しきれなかったのだ。

 当時マスコミでも報じられた通り、8点でも一致すれば相当高い可能性で特定されたと見てよいだろう。だが、該当した男はすでに病死していた。この男は生前、タクシードライバーなどの仕事をしながら、暴力団関係者との交友関係のほか、拳銃などを入手できると周囲に吹聴していたという。

「限りなく怪しい」

 証言を集めた捜査員らがそう思うのも無理はなく、こうした情報を入手したマスコミが、事件解決を見据えて報じたのももっともである。

 だが、加熱するかと思われた報道は、しばらくすると一気に鎮静化し始める。その理由は、あくまで12点の指紋線が一致しなければ法的な証拠能力がなかったことに加え、さらに後の捜査で、事件当時、男には別の場所にいたことを裏付けるアリバイが判明したことにあった。そのアリバイから、少なくとも事件発生の時間帯には、男はスーパーナンペイには来ていないと判断されたのである。

 アリバイが成立したことで、男が実行犯である可能性は極めて低くなった。こうして「指紋の男」は、有力容疑者から脱落していったのだった。

 だが、警視庁の捜査により、男には、悪事を働く際に相棒としてよく連れ立っていた元同僚が存在することが判明した。そこで、この「指紋の男」と入れ替わるようにして、相棒の男が捜査線上に浮上することになった。

 この男は事件当時、粘着テープが販売されていた地域で暮らしていた。当然、このことは警察も把握しており、男に関して捜査が続けられることになった。だが、男が事件に関わっていたとする証拠はいまだ何も見つかっていない。

 結果として、「指紋の男」と「相棒の男」の犯人説は、今も潰しきれていないままとなっている。「指紋の男」はアリバイがあるので実行犯ではないが、事件に関わっていなかったとも断言できない。「相棒の男」も怪しくはあるが、証拠はない。白とも言えないが、黒とも断言できない。ゼロとは言い切れない可能性が、そのまま残っているということだ。