「軍産複合体は信じられないほど強大」ついにトランプが指摘! “不当な権力”の実態暴露、本気で解体へ!

 今年11月の米大統領選挙を見据えてさまざまな政治的な思惑が交錯している。トランプ大統領は自陣営の旗色を明確にするとともに、現在のアメリカで軍産複合体のパワーが強すぎることを痛烈に批判している。

■前国防長官のトランプ批判

 トランプ政権の前の大統領補佐官であったジョン・ボルトン氏のいわゆる“暴露本”が政界を揺るがせているが、ほかにも大統領の周囲はいろいろと騒がしいようだ。

 シリア撤退を決めたトランプ政権に異を唱え、 2018年12月に国防長官を辞任したジェームズ・マティス氏は先日、米誌「The Atlantic」(6月3日付)に寄稿した記事でトランプ政権の政策を批判した。

「軍産複合体は信じられないほど強大」ついにトランプが指摘! 不当な権力の実態暴露、本気で解体へ!の画像1
「The Atlantic」の記事より

 全米で加熱する人種差別抗議デモの問題に対し、当初トランプ大統領はデモの鎮圧に連邦軍を投入する可能性を示唆したが、これに異議を唱える形でマティス氏はこれまでのトランプ政権の政策への怒りと憤慨を表明したのである。

 この一件の直前、トランプ大統領はマティス氏との見解の相違は人格特性や戦略の違いなどからくるのではなく、マティス氏との“世界観の違い”によるものであるとコメントしている。

 5月下旬に行われたホワイトハウスでの記者会見において、トランプ大統領は米軍がシリアとトルコに駐留し続けることを要求していたマティス氏を批判した。

 しかしこれに主流メディアが反発。「イスラム国」の解体後に当該地域から米軍を撤退させるトランプの計画を発表した後、メディアはトランプ大統領を総攻撃し、米軍が撤退すれば再びクルド人の大量虐殺につながると糾弾した。

 これに対してトランプ大統領は「マスコミが私を殺した」と、“ウクライナ疑惑”から結果的に無罪になった弾劾裁判に至る逆風に対してメディアを痛烈に批判した。トルコとシリアの国境から軍を撤退させる決定を下したことで、「何も起こらなかった」ことについて、メディアは何も報じていないと指摘している。

 トランプ政権発足当時のアメリカの中東政策は、トランプ大統領とマティス氏の間で見解の相違があり、その過程でマティス氏がその地位から突然辞職した。

「軍産複合体は信じられないほど強大」ついにトランプが指摘! 不当な権力の実態暴露、本気で解体へ!の画像2
「The Federalist」の記事より

 実は前オバマ政権でも解雇されているマティス氏は、アメリカがイラク、アフガニスタン、シリア、トルコで宗派間の紛争を仲裁する恒久的な“世界の警察”の存在としての役割を果たす責任があるかどうかについて政権と繰り返し衝突しているのだ。