なぜ一部の男はトイレが異様に長いのか!? うんこじゃない衝撃の実態判明、専門家「不吉な兆候」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

なぜ一部の男はトイレが異様に長いのか!? うんこじゃない衝撃の実態判明、専門家「不吉な兆候」の画像1
画像は「Live Science」より

 なぜトイレに時間のかかる男性がいるのか、疑問に思ったことはないだろうか? それには意外な理由があったようだ。

 科学ニュース「Science Daily」(7月3日付)によると、先行研究では男性よりも女性の方が排便にかかる時間が長いことが分かっているという。たとえば、2009年に学術誌「Gender Medicine」に掲載された性差における排便の困難について研究した論文は、便秘、便の粘度、排便時の指の使用などにおいて、女性の方が「異常な排便習慣」を経験しやすく、また便秘にもなりやすいと結論付けているそうだ。

 つまり、男性より女性の方が腸に問題がある場合が多いのだから、トイレにかける時間も男性より女性の方が長くなるはずである。また同様の結果は1992年に科学誌「Gut」に掲載された論文でも得られているそうだ。

 ところが、2014年にトイレ器機会社「UK Bathrooms」が行った調査によると、女性がトイレにかける時間は週に55分、平均して1日に8分だったのに対し、男性は週に1時間35分、1日に平均して14分もかけていたというのだ。実態は男性の方がトイレに入っている時間が長いのである。

 ここから分かるのは、男性はトイレで排便以外のことをしているということだ。同じくUK Bathroomsの調査によると、実に86%の男性がトイレで読書をしていることが分かっている。一方、女性はたったの27%だった。2009年に学術誌「Neurogastroenterology & Motility」に掲載された研究論文でも、同様の結果が得られており、トイレで読者をすると答えたのは、男性は64%だったのに対し、女性は41%にとどまった。

 不安症の専門家であるアメリカの心理療法家ジョナサン・アルパート氏は、おそらくトイレに時間をかける男性は、人生の諸問題から逃れるためにトイレに籠っていると指摘している。

「トイレはそうした男性たちにとっての聖域として機能しているのかもしれません。およらく、一人になれる唯一の場所なのでしょう」(アルパート氏)

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ