【驚愕】友達と体を交換する「ボディスワッピング」実験、恐ろしい結果に! 人は何者にでもなれると科学が証明!

【驚愕】友達と体を交換する「ボディスワッピング」実験、恐ろしい結果に! 人は何者にでもなれると科学が証明!の画像1
画像は「getty images」より

 映画『転校生』から『君の名は。』まで、体(人格)の入れ替わりはあちこちのフィクション作品で描かれてきた表現技法だが、実際に他人の体で目を覚ましたらどうなってしまうのか……そんな妄想を膨らませたことが誰でも一度や二度はあるだろう。この度、そんな夢物語が科学的に研究されたというのだ。

 科学ニュース「SciTechDaily」(8月26日付)によると、26日にオープンアクセスジャーナル「iScience」に掲載された研究論文で、他人と体を入れ替えることで人格も他人に似てくることが明らかになったという。

Perception of Our Own Body Influences Self-Concept and Self-Incoherence Impairs Episodic Memory(iScienece)

 スウェーデン・カロリンスカ研究所のポスドク研究員パウェル・タチコウスキー氏らは、被験者である2人1組の友人たちに相手の体のライブ映像を映し出すゴーグルを装着させ、友人の体の中に入ったかのような錯覚状態を生み出したという。

【驚愕】友達と体を交換する「ボディスワッピング」実験、恐ろしい結果に! 人は何者にでもなれると科学が証明!の画像2
画像は「ScieTechDaily」より

 友人同士で体の対応する部分を刺激するなどして、錯覚状態を深めていったところ、偽造ナイフで友人の体を脅すと、あたかも自分に脅威が迫っているかのように恐怖し、発汗したという。

「ボディスワッピング(体の入れ替え)はもうSF映画だけのものではありません」(タチコウスキー氏)

 短い時間の実験だったが、実験中に被験者らの自己認識は大きく変わったという。体が入れ替わった(と錯覚した)時、話好き、陽気、自立心、自信といった友人が持つ好意的な特徴を持つようになったというのである。

 これは将来的に臨床応用できるかもしれないとタチコウスキー氏は語っている。

「うつ病を患っている人は、自分自身について非常に硬直した否定的な信念を持っていることが多く、それが日常生活を壊滅的なものにしてしまうことがありますが、この錯覚を少し変えれば、そうした信念を和らげ、ポジティブに変えられる可能性があります」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ